債務整理のおすすめの手続きは?自分に合う方法の選び方

借金の問題に困った時には、4つの解決方法の中から選ぶことができます。

①任意整理

②個人再生

③自己破産

④特定調停

4つもあったら、何を選べばいいのか答えを出すのも難しくなりますよね。

 

実際にご相談者様からも

「どれがおすすめですか?」と聞かれることがあります。

 

何がいいのかわからなくて当然だと思います。

ご相談にいらっしゃるだけでも、勇気が必要なことです。

 

いずれかの手続きを選んでご相談にいらっしゃる方もみえますが、状況をお聞きしているとそれでは厳しいと思うこともあるものです。

 

今日は、弁護士が一体どんな考えのもとで、債務整理を選んでいるのかをご紹介したいと思います。

 

 

債務整理の種類は4つ

 

最初にお伝えしましたが、債務整理の種類は4つあります。

まず、この4つの手続きについて、簡潔に説明します。

 

①任意整理
将来利息をカットし、元金だけを3~5年で分割して支払っていく手続きです。

 

②個人再生
借金の総額を大幅にカットして、3~5年で分割して支払っていく手続きです。

 

③自己破産
借金を帳消しにする手続きです。
ただし、プラスの財産がある場合は、お金に換えて処分する必要がある場合もあります。

 

④特定調停
任意整理と同様の効力がある手続きです。
個人で裁判所に出向いて行うもので、弁護士や司法書士が間に入らないので、債権者からの督促はすぐに止まりません。
さらに、滞納した場合には、強制執行されてしまうというデメリットがあります。
メリットしては、自分で手続きを行うので費用が安く済みます。

この特定調停については、ここで説明を終わります。

詳しく知りたい方はこちら

弁護士に依頼する任意整理と個人でやる特定調停の違いとは

 

次に、この①~③の手続きを元におすすめの債務整理というのを考えていきましょう。

 

 

おすすめの債務整理は、個人の状況によって大きく異なってくる

 

万人におすすめという債務整理は残念ながらありません。

どうして、おすすめがないという回答が弁護士の口から出てくることになるのかを説明します。

 

1番手続きの簡単な「任意整理」が希望という前提でA~Cさんを見ていきましょう。

 

モデルケースAさん
5人家族、月収25万円、借金総額500万円
毎月の返済は、15万円でした。
任意整理では、5年で85,000円
個人再生では、3年で3万円

Aさんの毎月の家賃は8万円、その他の固定出費が5万円、生活費に8万円かかります。

そうすると、

毎月2万円しか余らないことになります。

Aさんの場合、任意整理・個人再生を行うことで毎月の負担が軽減されることはわかっていますが、2万円しか余らないので、どちらの手続きを行っても生活に支障があることがわかります。

 

この場合は、自己破産をおすすめするのがベストな話になります。

 

 

モデルケースBさん
3人家族、月収25万円、借金総額500万円
毎月の返済は、15万円でした。任意整理では、5年で85,000円
個人再生では、3年で3万円

Bさんの場合は、住宅ローンが8万円、その他の固定出費が4万円、生活費に8万円かかります。

そうすると、

毎月5万円余ることになります。

 

この場合は、住宅ローンもあるので、個人再生を提案することで、住宅の維持と借金の圧縮の両方が叶います。

よって、個人再生がおすすめということになります。

 

モデルケースCさん
独身、月収25万円、借金総額500万円
毎月の返済は、15万円でした。任意整理では、5年で85,000円
個人再生では、3年で3万円

Cさんの場合は、家賃5万円、その他の固定出費3万円、その他の生活費に8万円かかります。

そうすると、

毎月9万円余ることになります。

 

誤差が5,000円しかないので、少し生活の見直しをする必要があると思いますが、ようやく任意整理を選択することが可能であると言えます。

逆に、生活に余裕がありすぎる場合は、自己破産や個人再生の手続きを裁判所に認めてもらえないこともありますのでご注意ください。

 

ここがポイント!
任意整理と個人再生では、毎月返済する必要があります。
この返済が収入と支出の範囲内に収まらなくてはいけません。

最後に、弁護士を頼ることで得られるメリットをご紹介します。

債務整理のおすすめを考えるのが弁護士の仕事の1つ

 

Aさんの生活には、Aさんにとっての収入と支出があります。

これは、Bさんになっても、Cさんになっても同じ条件です。

 

あなたにとってのおすすめを考えるのが、面談相談の場です。

 

面談と言われると、嫌がる方も多いですが、弁護士には、直接会って話を聞く。取り違えがあってはならない。という規定が定められています。

 

あなたの生活状況を聞いた上で、

処分されたら困るもの

収入と支出のバランス

この2つを軸に考えていきます。

 

現在の借金の返済額が15万円から8万円に減れば、安いという錯覚が起こることがあります。

ですが、現実的に払える金額であるのかまで考えなくてはなりません。

表面上の数字だけに舞い上がって、手続きを進めてしまうことがないようにしましょう。

 

そのため、弁護士が指摘する言葉は、時に横柄に聞こえてしまうことがあるのかもしれませんが、どうぞご容赦くださいませ。

 

 

 

<任意整理をお考えの方へ>

ブラックリスト(信用情報機関)事故情報の登録期間はどのくらい?
任意整理のメリット・デメリットのリスクとクレジットカードの行く末
任意整理ができない4つのパターンと難しい3つのケース
任意整理と特定調停の違いは?弁護士に依頼するメリットは高いのか?
借金バレたくない!家族に言えないから無理な任意整理を選択してしまう
任意整理が名古屋で1番安いのはアーク法律事務所です!

 

 

<個人再生をお考えの方へ>

ブラックリスト(信用情報機関)事故情報の登録期間はどのくらい?
個人再生とは?メリットとデメリットやリスクはどれだけある?
個人再生手続きの流れ・期間・費用とは?名古屋の法律事務所の場合
個人再生と住宅ローン「住宅資金特別条項」とはどういうものなのか?
個人再生「車」は処分?3つの残せる条件を紹介!
個人再生「最低弁済額」とは?あなたが支払う返済はどうなる?
個人再生を名古屋で安く手続きしたい場合はアーク法律事務所へ

 

 

<自己破産をお考えの方へ>

ブラックリスト(信用情報機関)事故情報の登録期間はどのくらい?
自己破産のメリットとデメリットは何?やる前に知っておきたいこと
「自己破産で失うもの」信用情報(ブラックリスト)以外に何がある?
自己破産手続きするなら「同時廃止・管財事件・予納金」を知っておこう!
破産しても逃れられない返済「非免責債権」があることを知っておこう!
親が自己破産すると子供にどんな影響を与えるのか?
自己破産手続きの流れ・期間・費用を詳しく解説!(名古屋の場合)
自己破産を名古屋で安く手続きするならアーク法律事務所へ!

借金・多重債務問題の解決方法は二択です。

①収入を増やして返済する
②借金の返済額を変える

借金の返済額を変えるとは

 


【ご予約について】


※名古屋にある当事務所までお越し頂けない場合は、お近くの法律事務所をお探しくださいますようお願い申し上げます。

友だち追加

▲  ▲  ▲

友だち追加をして、メッセージを送ってください。


★メールでご予約される場合はこちら

メールから予約する


★お電話でご予約される場合はこちら

052-962-5600

・こんな内容を聞いてもらえるのかな?
・今日空いてるなら行きたい!
・ちょっと不安なことが聞きたいなど

お気軽にお電話ください!

お待ちしております。

最新情報をチェックしよう!
>弁護士はあなたの味方です。

弁護士はあなたの味方です。

あなたは「返済のために」お金を借りようとしていませんか?今月は借りて返済できても、そのうち借りる場所もなくなってしまいます。その支払いを一旦止めることで、心のゆとりも戻り、解決に向けて進んでいくことができます。

CTR IMG
お問合せはお気軽にこちらから→→→
メール又はLINEでどうぞ!