個人再生の成功事例|借金大幅ダウンで財産も守れる優れた手続き

個人再生とは、借金総額を大幅に圧縮し(5分の1~10分の1)、3~5年で弁済する手続きのことです。
住宅ローンを抱えていても維持し続けられる可能性があり、自己破産と異なり、実際に財産を処分することはありません。
個人再生の条件には、安定した収入があることです。

<マイホームを残すためには>

住宅資金特別条項に該当する必要があります。

  1. 純粋な住宅ローンであること
  2. その住宅に住んでいること
  3. 住宅ローン以外の抵当権が付いていないこと
  4. マンションの場合は、管理費と修繕積立金などの滞納がないこと

 

<弁済額の決定において>

個人再生手続きでは、清算価値というものが弁済額を左右します。

簡単な言葉で表すと、持っている財産を今お金に換えるといくらあるのか?という金額が弁済額に計上されます。

実際に財産を処分することはありませんが、財産をたくさん所有している人にとっては弁済額が高額になることも考えられます。

 

<清算価値に含まれる財産>

  • 預貯金・現金
  • 土地、家、車
  • 株、有価証券
  • 生命保険、学資保険
  • 退職金など

1つあたり20万円以上の価値を持つものが計上されます。

 

では、実際に個人再生手続きを行った方の事例を見ていきましょう!

 

 

個人再生手続きを行う上での注意点

 

個人再生手続きは、任意整理では借金の負担が軽減できず、自己破産まではしなくても支払っていける能力がある方に向いている手続きです。

 

減額率については、以下の表を参考にしてください。

最低弁済基準額
借金の総額最低弁済額
100万円未満全額
100万円~500万円未満100万円
500万円~1,500万円未満借金の総額の5分の1
1,500万円~3,000万円未満300万円
3,000万円~5,000万円未満借金の総額の10分の1

 

この最低弁済額に対して、清算価値と呼ばれるあなたの財産が計上されて、弁済額が決まっていきます。

 

住宅ローンは含みません。

よって、住宅ローンを除いた借金総額を圧縮して支払っていけるかどうかがカギになります。

 

また、個人再生手続きの依頼をされると、「裁判所にきちんと支払っていけます」という証明のために毎月積立金をしていく必要があります。

 

この積立金の額は、借金総額から割り出します。

最低金額は4万円からです。

 

この積立金は、弁護士費用に充てられるので、実質大きな負担をすることなく、手続きが完了できるのも個人再生手続きの魅力です。

 

アーク法律事務所の個人再生手続き費用は
積立金×手続き期間となっております。

※参考例として、最低額×最短期間で

4万円×8ヶ月=32万円(税込)

 

書類の提出が遅くなればなるほど、手続き期間が延びてしまうので、必要書類はお早めに準備をお願い致します。

 

では、実際の成功事例です。

 

個人再生手続きの成功事例

 

実際の成功事例をご覧ください。

 

<ケース1>

借金総額3,600万円
(内 住宅ローン2,000万円 9万円/月)
12社からの借入で、毎月の返済総額は60万円を超える状況でご相談【経緯】
知人から借金の仕方を教わり、少しずつ生活に困った時に利用するようになる。
個人事業もコロナの影響を受け、業績がダウンし、借金が増える。
従業員の退職や休職が仕事のダメージとなり、売り上げの増加がこれ以上望めないと相談に踏み切る。
▼   ▼   ▼
1,600万円だった借金は
300万円に減額成功
85,000円の積立期間を経て裁判所の認可が下り
弁済額は83,400円(3年)となりました。

 

<ケース2>

借金総額400万円
毎月の返済総額は12万円となりご相談へ【経緯】
結婚していた頃の生活費の穴埋めで利用するようになったクレジットカード。
離婚をしたことで、母子だけで立てていく生計は難しく、学費の工面などでさらに借金は増え、自転車操業も限界を迎えご相談。
▼   ▼   ▼
400万円だった借金は
170万円に減額成功
4万円の積立期間を経て裁判所の認可が下り
弁済額は47,000円(3年)となりました。

 

<ケース3>

借金総額600万円
毎月の返済総額は15万円となりご相談へ【経緯】
20年前に自己破産を経験し、15年ほど借金をせずに過ごす。
試しにクレジットカードの申請をしてみたら、審査が通り、生活費をカード決済へと切り替える。
カードを利用することで、手元に現金が残るようになり、そのお金をギャンブルへ使い始める。
コロナの影響を受け、一時的に生活苦に陥るものの、ギャンブル癖は治らず、クレカ決済可能なギャンブルにも手を出し、返済額は給料と同等となり、別の法律事務所で任意整理を行うが、任意整理だけでは生活の改善は見られず、ギャンブルもやめられない状況が続き、借金も滞納状態、携帯の利用も停止されてしまったため、弊所へ相談に。
▼   ▼   ▼
600万円だった借金は
115万円に減額成功
4万円の積立期間を経て裁判所の認可が下り
弁済額は3万円(3年)となりました。

 

<ケース4>

借金総額300万円
毎月の返済総額は28万円となりご相談へ【経緯】
クレジットカードの返済ができる範囲で利用し始めるが限度額に達し、別のカードを契約するが、再度限度額へ達してしまう。
しかし、生活費が足りず、キャッシングを利用するも、支払い不能状態になっていることに気づく。
無計画な買い物が仇になったと感じ相談。
▼   ▼   ▼
300万円だった借金は
100万円に減額成功
4万円の積立期間を経て裁判所の認可が下り
弁済額は27,420円(3年)となりました。

<ケース5>

借金総額460万円
毎月の返済総額は18万円となりご相談へ【経緯】
スーパーの勧誘でクレジットカードをつくり、利用するようになる。
副業を始めようとして、消費者金融から融資を受けるが失敗する。
仕事もなかなかうまくいかず、仕事に伴う転居費用も重なり、借金も増加。
毎月の返済額が18万円となり返済が難しく相談。
▼   ▼   ▼
460万円だった借金は
155万円に減額成功
74,000万円の積立期間を経て裁判所の認可が下り
弁済額は76,720円(3年)となりました。

 

<ケース6>

借金総額300万円
毎月の返済総額は9.5万円となりご相談へ【経緯】
イオンでポイントや割引が受けられる魅力を感じ、イオンカードをつくり利用。
また、同じくネットショッピング用にと楽天カードやその他のカードをつくり利用。
家族の医療費の工面の為、銀行からも借り入れをする。
職場の部署異動を機に残業時間が減り、手取りも減少してしまい、返済の限界を迎えて相談。
▼   ▼   ▼
300万円だった借金は
100万円に減額成功
4万円の積立期間を経て裁判所の認可が下り
弁済額は26,840円(3年)となりました。

 

 

面談のご予約について

 

お問合せの注意事項

①個人情報の取り扱いにつきましてはこちらをご参照ください。

②ご相談は、日本弁護士連合会の規定に遵守し、「面談のみ」とさせていただいております。
よって、面談にお越しになれない方のご相談には応じられませんのでご注意ください。

③弁護士に相談できる内容であるか、ご心配な場合は遠慮なくご質問にもご活用ください。

④ご依頼者様との連絡ツールの1つとしてもLINEを活用させていただいております。

⑤ご返信時間は、当事務所の営業時間内とさせていただきます。

⑥ご予約方法は、電話・LINE・メールの3つです。

 


電話で予約

\お急ぎの場合はお電話で/
  052-962-5600

(受付時間)
平日|9:30~12:00/13:00~18:00

※上記時間以外は、留守番電話にメッセージをお願い致します。

 


LINEで予約

①アーク法律事務所のLINEアカウントを友だち追加してください。

\こちらをタップで友だち追加できます/友だち追加

 ▼   ▼   ▼

★お名前
★大まかなご相談内容
★ご希望日時

▼   ▼   ▼

メッセージを確認次第、こちらからご返信いたします。

 


メールで予約

 

当事務所は個人情報の保護に取り組んでおります。
個人情報の取り扱いにつきましてはプライバシーポリシーをお読みになり、ご同意頂いた上でご記入お願い致します。

借金・多重債務問題の解決方法は二択です。

①収入を増やして返済する
②借金の返済額を変える

借金の返済額を変えるとは

 


【ご予約について】


※名古屋にある当事務所までお越し頂けない場合は、お近くの法律事務所をお探しくださいますようお願い申し上げます。

友だち追加

▲  ▲  ▲

友だち追加をして、メッセージを送ってください。


★メールでご予約される場合はこちら

メールから予約する


★お電話でご予約される場合はこちら

052-962-5600

・こんな内容を聞いてもらえるのかな?
・今日空いてるなら行きたい!
・ちょっと不安なことが聞きたいなど

お気軽にお電話ください!

お待ちしております。

最新情報をチェックしよう!
>セカンドオピニオンのご案内

セカンドオピニオンのご案内

セカンドオピニオンとは、よりよい決断をするために、もう1つの意見を別の専門家に求めることができることです。他の法律事務所で受けた提案に対する不安や疑問などを一緒に解決しませんか?

CTR IMG
お問合せはお気軽にこちらから→→→
メール又はLINEでどうぞ!