親が自己破産すると子供にどんな影響を与えるのか?

親であるからこそ、できない無理をしてしまうことがあると思います。

 

子供には満足いく生活をさせたい

「みんなが」と言われれば、無理してでも買ってしまう。

子供が浮いてしまわない努力をする人も多いと思います。

 

それだけでなく、人生はいろんなことが起きます。

・事業の失敗

・不況で減給

・コロナの影響など

実は、自己破産をしている人を統計データ的に見ると…40~50代の人たちが半数を占めるほどの割合です。

 

働き世代の人が自己破産手続きをしているということは、まだまだ教育の必要な子供たちが家庭の中にいることも推測できます。

 

借金が返せないという結論に至った時、どんな影響を子供に与えることになってしまうのか不安が募ると思います。

その不安に思うことは実際どうなるのかをお話します。

 

 

親が自己破産をして子供に与える5つの影響

自己破産をすることで、子供に

肩身の狭い想いをさせるのではないか?

こういったことを気にするのは、やはり親心からです。

 

周りにバレてしまうことへの危惧も同時に考えてしまうと思います。

まずは、自己破産をすることで子供に与える可能性のあるものを5つご紹介します。

 

①自己破産すると、住宅や車を手放さなければいけないことがある

自己破産、車、家

財産として、住宅や車を持っている場合は、換価処分と言って、お金に換えて債権者に配当するための処分が必要になることがあります。

 

住宅を手放すことになると、ご近所の手前もあり…居住エリアを変えたくなることもあるかもしれません。

それに伴い、子供を転校させる必要があると考え込まれる方がいます。

 

もしも、住宅ローンの支払いが維持できて、その他の借金を減額させれれば支払えるのなら、自己破産ではなく「個人再生」という手続きもあります。
個人再生について

 

 

②自己破産すると、信用情報機関に事故情報として登録される

自己破産に限らず、債務整理をすることで、信用情報機関に事故情報として登録されることになります。

自己破産では、免責許可が下りてから5~10年で回復します。

 

所謂、ブラックリストに登録されるということです。

 

事故情報として登録されている間は…

・新規の借入

・クレジットカードの申込み

・分割購入(スマホを含む)

・保証人になること

ができなくなってしまいます。

 

ですが、

子供名義であれば、何も問題はありません。

 

<奨学金について>
自己破産をすると、奨学金の保証人になることはできません。
(奨学金をもらっている場合も含みます)
この場合は、機関保証を利用又は、切り替えることで、奨学金を借りること、継続利用することができます。

 

③学資保険や生命保険などを解約しなければいけない場合がある

 

これまで、子供の進学費用にと貯めてきた学資保険や、もしものための生命保険などをかけている場合

それぞれ20万円以上の解約返戻金がある場合は、財産としてカウントされるので、解約する必要があります。

 

そして、その解約返戻金を債権者に配当するというのが、自己破産のルールです。

 

ただし、

子供の財産としてみなされれば、解約する必要はありません。

 

④自己破産の直前に財産を子供に渡してはいけない

あまり知られていないことかもしれませんが…

絶対にやめてほしいことがあります。

 

自己破産の際に、財産をお金に換えて処分されてしまうくらないならば、子供に譲ってしまおう!

 

そう思い立つ方がいますが、これまで所有していた財産も自己破産ではどういう経緯で移動したのかを告知する義務があります。

尚、隠そうとしても、破産管財人が発見することになるので、子供に渡した財産を返してもらい、お金に換えるということをされてしまいます。

 

結局、親が保有している財産を処分されたくないからと、子供やその他の人に渡したとしても、免れることはできないということを頭に入れておいて欲しいです。

 

また、そのせいで、譲られた側は、嫌な思いをすることにもなるので要注意です。

 

⑤子供が親の借金の連帯保証人になっている場合

 

これは、子供に迷惑をかけることになる問題です。

 

親の連帯保証人に子供がなっていることもあります。

 

連帯保証人である子供には

一括返済を求められることが多いです。

 

そうなると、とても一括で支払うことが難しいケースの方が多いと思うので、子供にも債務整理をしてもらう必要が出てきます。

ただし、債権者との話し合いで、親が支払っていた返済額を子供が支払っていける場合は、これまで通りの分割で大丈夫なケースも多いです。

 

弁護士 鬼頭
これらの5つのことに思い当たる場合は、弁護士に相談して、今後どうなるのか把握しておくことが大切です。

 

 

 

子供に影響を与えるなら自己破産はしたくない!他にできる手立てはあるのか?

 

親が自己破産をすることで、子供に与える影響を考えると、とてもじゃないけど、やりたくない…

 

やらずに済むのなら、他に方法はないのか?と考えたくなりますよね。

 

以下の方法が、その他の手段としてあります。

 

 

任意整理

 

任意整理は、将来利息をカットし、3~5年で返済していく方法です。

 

任意整理は、裁判所を通す必要もなく、あなたと債権者との和解があれば成立します。

そして、任意整理する金融会社などは、あなたの希望するものだけを手続きすることができます。

 

ですが、将来利息のカットだけでは、毎月の負担額が大きく減ることはありませんので、あなたの資力によって考えなくてはいけません。

 

また、任意整理をしても、ブラックリストに載るという条件は変わりません。

 

任意整理についてはこちら

 

個人再生

 

個人再生、借金の総額を大幅に減額(1/5~1/10)し、3~5年で返済していく方法です。

 

金融会社は、自己破産同様選ぶことは不可で、裁判所でやる手続きです。

 

ですが、住宅ローンは、住宅資金特別条項が使える条件であれば、住宅を残したまま手続きをすることが可能です。

 

もしも、完全に、あなたの状況が支払い不能ではなく、安定した収入があり、個人再生で債務整理をすることができれば、家を転居する必要もないので、子供に与える影響は最小限で済むことになるでしょう。

 

個人再生についてはこちら

 

【まとめ】債務整理は、メリットもデメリットも把握して決めよう!

 

債務整理をするとなると、どの手続きを選択したとしても、必ずメリットもデメリットあります。

 

何より、信用情報機関に登録されてしまうということで、日常生活に不便を感じることもあるものです。

 

あなたの状況に合った債務整理の方法を提案できるは、弁護士が適任者です。

司法書士は、代理人になることができないので、裁判所に申立て手続きが必要な自己破産・個人再生をする時には、デメリットが目立ちます。

 

借金問題を抱えている人には時間の猶予がないことも多いです。

相談先は、慎重にお選びくださいね!

 

<債務整理をお考えの方へ>

債務整理とは何のこと?わかりやすく図解を使って説明します!
【債務整理】弁護士と司法書士の違いや費用について
債務整理|弁護士の選び方「3つの失敗しない重要ポイント」
弁護士費用の比較|債務整理の費用の相場はどのくらい?
債務整理の相談時に必要なものは?弁護士が1番教えて欲しいこととは…
債務整理のおすすめの手続きは?自分に合う方法の選び方
自己破産・個人再生|弁護士に相談前の事前準備・知識について

 

<債務整理の注意点>

借金バレたくない!家族に言えないから無理な任意整理を選択してしまう
任意整理ができない4つのパターンと難しい3つのケース
個人再生が選択できないケースとは?意外な4つの落とし穴
自己破産ができない理由と条件があるので知っておいてください
借金(ローン)返済途中に債務整理すると契約や商品はどうなる?

 

借金・多重債務問題の解決方法は二択です。

①収入を増やして返済する
②借金の返済額を変える

借金の返済額を変えるとは

 


【ご予約について】


※名古屋にある当事務所までお越し頂けない場合は、お近くの法律事務所をお探しくださいますようお願い申し上げます。

友だち追加

▲  ▲  ▲

友だち追加をして、メッセージを送ってください。


★メールでご予約される場合はこちら

メールから予約する


★お電話でご予約される場合はこちら

052-962-5600

・こんな内容を聞いてもらえるのかな?
・今日空いてるなら行きたい!
・ちょっと不安なことが聞きたいなど

お気軽にお電話ください!

お待ちしております。

最新情報をチェックしよう!
>弁護士はあなたの味方です。

弁護士はあなたの味方です。

あなたは「返済のために」お金を借りようとしていませんか?今月は借りて返済できても、そのうち借りる場所もなくなってしまいます。その支払いを一旦止めることで、心のゆとりも戻り、解決に向けて進んでいくことができます。

CTR IMG
お問合せはお気軽にこちらから→→→
メール又はLINEでどうぞ!