弁護士費用

相談料

どんな案件でも無料!

納得いくまで何度でもご相談ください。

セカンドオピニオンとしてのご相談も可能です。

 


任意整理

費用
1社 18,000円(税込)

※着手金・報酬金・実費すべて込み

 


個人再生

費用
積立金×手続き期間=弁護士費用

(費用の目安例)
積立金が4万円、7ヶ月で手続きが完了した場合
4万円×7ヶ月=28万円
この場合は弁護士費用は、28万円(税込)となります。
※積立金は、借金総額によって変動します。
※住宅ローンのあるなしで変動はしません。
※着手金・報酬金・実費すべて込み
※再生委員が選任される場合、別途予納金が必要になります。

 


自己破産

費用
24万円(税込)

※事件によって金額の変動はしません。
※但し、管財事件となった場合には、別途、裁判所に支払う予納金(20~40万円)が必要になります。
※着手金・報酬金・実費すべて込み

 


時効援用

費用
1社 18,000円(税込)

※着手金・報酬金・実費すべて込み

 


費用の支払い方について

分割可能です。

債務整理にかかる費用は、受任通知の送付と共に支払いがストップしている間にお支払いください。

<分割の例>

(4社を任意整理する場合)
18,000円×4=72,000円
36,000円ずつ2回など


(自己破産の場合)
4万円×6ヶ月=24万円など

 

法テラスについて

該当者には、当事務所から積極的に法テラスへの申請を行っています。

※申請には、収入制限があります。

※法テラスは、弁護士費用立替制度です。

 


過払い金請求

費用
着手金…なし
報酬金…返還額の21%+実費

 

交通事故

着手金
(弁護士費用特約なし)
着手金
(弁護士費用特約あり)
基本21万円
(複雑な事案は別途算定)
請求額の10.5%
(最少額21万円~特約限度額)
報酬金
1.損害保険会社の当初提示額から増額した分の21%

2.損害保険会社の当初提示額がない場合、金額請求と同額

※相手方が無保険などにより損害保険会社に賠償請求することができない場合の弁護士費用は、一般民事事件の費用になります。

 

離婚

着手金…315,000円
報酬金…315,000円+経済的利益の報酬金

※財産分与、慰謝料等の経済的利益があった場合のみ

 

民事事件

事件の経済的利益が300万円以下の場合
着手金…8%
(但し着手金の最低額は15万円)
報酬金…16%
300万円を超え3,000万円以下の場合
着手金…5%+9万円

報酬金…10%+18万円

3,000万円を超える場合
着手金…2%+69万円

報酬金…4%+138万円

 

ご質問等がございましたら、お気軽に電話またはメール(LINE)にてお問合せください。

 

 

 

当事務所について詳しくはこちら

 

>弁護士はあなたの味方です。

弁護士はあなたの味方です。

あなたは「返済のために」お金を借りようとしていませんか?今月は借りて返済できても、そのうち借りる場所もなくなってしまいます。その支払いを一旦止めることで、心のゆとりも戻り、解決に向けて進んでいくことができます。

CTR IMG
お問合せはお気軽にこちらから→→→
メール又はLINEでどうぞ!