自己破産・個人再生|「同居人」に手続き上求められるもの

自己破産・個人再生手続きをしようと決めたものの…

同居人がいる場合は、同居人にどんな影響があるのか気になりますよね!

 

そこが納得できないと、弁護士に相談することも怖いと立ちすくむこともあると思います。

 

同居人がいる場合は、

誰が家主なのか、誰のお金で生計を立てているのか?に注目して考えていきます。

 

同居人が無職で、あなたが家主で、あなたのお給料で生計を立てているのであれば、同居人に内緒で手続きを進めることができます。

しかし、同居人に収入がある場合、同居人の家である場合には、同居人の存在を無視して手続きを進めていくことが難しくなります。

では、詳しく解説していきます!

 

 

※同居人のことを内緒にして自己破産手続きをすることは認められていません

 

個人再生手続きでも条件は自己破産手続きと同じです。

※個人再生手続きの場合は、弁済していくことが前提となるので、安定した収入があること、弁済の目処が立つことが条件に加算されます。

 

相談にいらっしゃる方で、バレたくないと考える同居人は、①家族、②恋人という順位です。

 

つまり、家族であっても言いにくいのが借金問題の特徴です。

 

そこで、同居人がいることを隠そうとする方がいます。

 

同居人にバレたくないから、弁護士にもその存在を隠すというのは、虚偽を言ったことになります。

 

担当弁護士が、虚偽を言ったことで辞任してしまったり、場合によっては、免責不許可事由に該当しますので、嘘はくれぐれもつかないでください。

 

「同居人にバレたくないんです」

と、素直にご相談ください。

 

可能な限り、配慮できることは配慮します。

 

 

 弁護士に同居人のことを話すとどうなるのか?

 

同居人のことを話したら、内緒にしておきたいのに弁護士から告げ口されるのではないかと心配されているかもしれません。

大丈夫です!そのようなことはありません。

 

繰り返しますが、隠す行為は問題になりますので隠さないでください。

 

ただ、同居人のことを教えていただく必要があります。

 

弁護士の目的は、破産手続き(再生手続き)において、同居人と相談者の間でお金の問題がないかを聞き取り調査することです。

・誰の名義の家で生活しているのか

・その生活の財布はどうなっているのか

・貸し借りは発生していないか

・借金の原因になる事案がないか…など

 

こういったことを聞き取りしています。

 

弁護士は、同居人に何か求めることはあるのでしょうか?

 

 

※手続き上、問題になる同居人とのお金のやり取りについて

 

同居人が援助という形で、あなたにお金を支払っている場合には、手続き上問題になることはありません。

例えば、家賃や公共料金の支払いなどを代わりにしてくれているなどです。

 

また、家賃を折半している場合には、どちらが賃貸契約を結んでいても問題にはなりません。

 

しかし、

あなたが扶養義務のない同居人の経済的な負担を負っている場合は問題となります。

 

この場合は、

同居人から不要な経済負担分を回収する必要があります。

 

次に同居人に求められる書類について説明します。

 

 

裁判所から破産手続き上、同居人に求められる書類がある

 

同居人に協力してもらって、以下の資料を用意してもらう必要があります。

 

①家の名義人の資料

賃貸契約書または登記簿謄本のいずれかが必要になります。

同居人の名義であれば、同居人からコピーをもらう必要があります。

 

②収入について

・同居人に収入がある場合は、給与明細と源泉徴収票

・同居人が年金受給者の場合は、年金の入金を知らせるハガキなど

・同居人が無職の場合は、非課税証明書

いずれかが必要になります。

 

③家計収支表

1ヶ月の収入と支出を1円単位で書きます。

 

あなたが誰のお金で生計を立てているかが関わってきます。

完全に同居人と財布が別で生活している場合は、同居人の分は不要です。

同居人と財布が一緒である場合は、同居人が使った分も書く必要があります。

 

理論上、これらの書類が必要になるため、内緒でバレずに手続きを進めることが非常に難しいです。

 

※財布が完全に別で、どうしても同居人に言えない状況である場合には、裁判所にその旨を伝え判断を仰ぐことになります。

 

 

【まとめ】借金の問題を解決するためには、同居人に打ち明ける勇気が必要です

 

自分で作ってしまった借金は、自分でどうにかしたいと思うものだと思います。

なかなか思い通りにいかないのが、法律での取り決めです。

 

さいごに
借金の問題を解決するために必要なことがあります。

手続きに必要な書類は、あなたを悩ませるタネになることがあります。
でも、そのタネと向き合わないと、借金問題を解決することができません。
それをお願いする私たちも苦しい時があります。
サポートしますから、一緒に乗り越えていきましょう!

 

借金・多重債務問題の解決方法は二択です。

①収入を増やして返済する
②借金の返済額を変える

借金の返済額を変えるとは

 


【ご予約について】


友だち追加

▲  ▲  ▲

友だち追加をして、メッセージを送ってください。


★メールでご予約される場合はこちら

メールから予約する


★お電話でご予約される場合はこちら

052-962-5600

・こんな内容を聞いてもらえるのかな?
・今日空いてるなら行きたい!
・ちょっと不安なことが聞きたいなど

お気軽にお電話ください!

お待ちしております。

最新情報をチェックしよう!
>弁護士はあなたの味方です。

弁護士はあなたの味方です。

あなたは「返済のために」お金を借りようとしていませんか?今月は借りて返済できても、そのうち借りる場所もなくなってしまいます。その支払いを一旦止めることで、心のゆとりも戻り、解決に向けて進んでいくことができます。

CTR IMG
お問合せはお気軽にこちらから→→→
メール又はLINEでどうぞ!