自己破産「資格制限」でできない場合の選択肢とは?

借金で困っているのに法律のせいで、自己破産を選択できないことがあります。

 

自己破産は、どんな人でもできる手続きではなく、一部の資格を保有している方は選択できません。

 

これは、各資格の法令に書かれているもので、

破産手続き中にはその職業に従事できない決まりとなっています。

 

でも、「では、その仕事から離れよう!また戻ればいいし」とはなりませんよね。

 

一定期間離職するには、それなりの理由を会社に理解してもらう必要があったり、退職することを選択しなくてはならないわけです。

 

ほとんどの方は、借金があることを家族にも言えないと悩むほど、ナイーブな問題です。

 

弁護士 鬼頭
できることなら、今の環境のままで、借金問題をクリアしたい。
そう考えるあなたのために一緒に考えたいと思います。

 

仕事を変わったり、辞めてしまえば、その後の生活が不安になります。

 

借金をチャラにできる自己破産ですが、それと同時に仕事を犠牲にしたくない人も多くいるはずです。

 

では、一緒に考えてみましょう。

 

借金問題を解決する策を「債務整理」と言います。
債務整理の種類は3つ
★任意整理
★個人再生
★自己破産
今回は「資格の制限」によって自己破産が選択できないケースについてお話します。

 

 

自己破産を選択できない時の任意整理はどうなるのか?

 

資格の制限によって、自己破産が選択できない場合に1番簡単な手続きである任意整理について考えてみたいと思います。

 

今は、ネット社会ですから、借金問題を解決する債務整理の方法として、すでにご存知の場合もあると思いますが、一度検討してみましょう。

 

弁護士 鬼頭
忘れてはいけない大事なポイント!
債務整理を行うと、信用情報機関に自己情報として登録され、完済から5年が経つまでブラックリストとして載ることになります。
この期間は、どこかから借入やローン契約ができなくなるので、これまでできていた生活の補填はできないものとして考えなくてはいけません。

 

 

自己破産を考えているあなたの収入はいくら?

まず、考えるポイントは、あなたの収入です。

それに対して、毎月の借金の返済額を考えてみましょう。

 

任意整理でできるのは
「利息のカット」のみ

毎月の負担を大きく減らすことは期待ができません。

 

任意整理は、1社だけでも複数でも選ぶことが可能です。

でも、できることは「利息のカット」のみなので、大きな減額は期待できません。

 

それでも、あなたの収入の中で、利息さえカットできれば支払っていけると目処が立つのなら、任意整理はできると考えられます。

 

最長5年で、利息をカットして分割することができるのが任意整理ですが、借入期間が短いなどがあると、3年でしか応じてもらえないなどのデメリットも受けることになります。

 

弁護士 鬼頭
つまり、収入の中で、他から借入をすることなく支払っていける金額に収まるのなら、任意整理は可能という判断ができます。
当事務所であれば、1社18,000円(税込)で承っております。

 

 

利息のカットがいくらくらいになるのか?

100万円を14.6%の利息で借りている時の利息額は、414,800円です。

利息は、返済開始には多く払うことになっており、元金の方が少なく返済する仕組みになっています。

平均すると、約7,000円ほどです。

これが大きな返済額の減額は期待できないという仕組みです。

 

よって、任意整理では、まだまだ厳しいとなると次に考える債務整理は、個人再生です。

 

 

自己破産を選択できない時の個人再生はどうなるのか?

 

任意整理では、生活がまだ赤字になってしまう場合、自己破産も選べないとなった時には「個人再生」を考えます。

 

個人再生は、借金総額を
「大幅にカット」することができます。例えば、100~500万円までの借金を
100万円に圧縮して、3~5年で払うことができるのが個人再生の特徴です。※個人再生を選択するには安定した収入が必要です。

つまり、任意整理よりも大きな返済額の減額が可能となります。

 

弁護士 鬼頭
しかも、自己破産とは違って、住宅ローンを残すことができたり、返済額は増えますが、生命保険や学資保険などの財産を解約せずに済むという利点もあります。

 

手続きとしては、自己破産と同様で、裁判所に申立てが必要になります。

でも、大きな違いは、

財産の処分はしなくてもよい

ということです。

 

ただし、処分しなくてもよいと言っても、清算価値として、弁済額に上乗せする仕組みなので、財産がたくさんある人にとっては、借金の圧縮が全然できないという結果になることもあります。

 

また、通常、自己破産の場合は、住宅を保有している場合は、売却することになってしまいますが、オーバーローンである、その住宅に住んでいるなどの複数の条件を満たせば、住宅資金特別条項というものが使えるので、圧縮後の弁済と住宅ローンを支払っていけるのであれば、住宅を残すことが可能です。

 

 

<関連記事>

個人再生「最低弁済額」とは?あなたが支払う返済はどうなる?

個人再生「清算価値」の対象となるものとは?あなたの弁済額はどうなるのか?

 

 

 

自己破産で「資格制限」に該当しても影響を受けない方法を選択することは可能です。

 

任意整理も個人再生も、あなたのケースに合わせて算出してみないと、大丈夫だと言い切ることはできませんが、自己破産を選択しなくても済む方法を考えることは可能です。

 

やはり、仕事の立場というものは誰にとっても重要なことだと思います。

 

どうにか、自己破産以外でと検討される場合には、直接面談相談へお越しください。

 

弁護士 鬼頭

あなたの状況をお伺いして、最良の選択を一緒に考えるのが僕の仕事です。

 

 

 

<債務整理をお考えの方へ>

債務整理とは何のこと?わかりやすく図解を使って説明します!
【債務整理】弁護士と司法書士の違いや費用について
債務整理|弁護士の選び方「3つの失敗しない重要ポイント」
弁護士費用の比較|債務整理の費用の相場はどのくらい?
債務整理の相談時に必要なものは?弁護士が1番教えて欲しいこととは…
債務整理のおすすめの手続きは?自分に合う方法の選び方
自己破産・個人再生|弁護士に相談前の事前準備・知識について

 

<債務整理の注意点>

借金バレたくない!家族に言えないから無理な任意整理を選択してしまう
任意整理ができない4つのパターンと難しい3つのケース
個人再生が選択できないケースとは?意外な4つの落とし穴
自己破産ができない理由と条件があるので知っておいてください
借金(ローン)返済途中に債務整理すると契約や商品はどうなる?

 

 

借金・多重債務問題の解決方法は二択です。

①収入を増やして返済する
②借金の返済額を変える

借金の返済額を変えるとは

 


【ご予約について】


※名古屋にある当事務所までお越し頂けない場合は、お近くの法律事務所をお探しくださいますようお願い申し上げます。

友だち追加

▲  ▲  ▲

友だち追加をして、メッセージを送ってください。


★メールでご予約される場合はこちら

メールから予約する


★お電話でご予約される場合はこちら

052-962-5600

・こんな内容を聞いてもらえるのかな?
・今日空いてるなら行きたい!
・ちょっと不安なことが聞きたいなど

お気軽にお電話ください!

お待ちしております。

最新情報をチェックしよう!
>弁護士はあなたの味方です。

弁護士はあなたの味方です。

あなたは「返済のために」お金を借りようとしていませんか?今月は借りて返済できても、そのうち借りる場所もなくなってしまいます。その支払いを一旦止めることで、心のゆとりも戻り、解決に向けて進んでいくことができます。

CTR IMG
お問合せはお気軽にこちらから→→→
メール又はLINEでどうぞ!