ブラックOKの後払いアプリは債務整理の前後で注意点が違う!

世の中は非常に便利になって、スマートフォン1台あれば、いろんなことがやれてしまう時代です。

 

クレジットカードの契約や与信なしでも後払い決済が利用できるようになりました。

 

そんな使い方ができる決済を総称して

後払いアプリと言います。

 

<後払いアプリの例>

・NP後払い
・アトネ
・バンドルカード
・クイックペイ
・メルカリ
・キャリア決済※ペイディは、CICに加盟しているので与信審査があります。

個人差があるものの上限を5万円までとしているものがほとんどで大きな買い物に使用することはできません。

 

後払いにしているものは、
すべて「借金」と考えます。

 

★借金で困っているときの救世主として使った場合

★債務整理後でクレジットカードの代わりに使いたい場合

 

この後払いアプリは、債務整理を基準とした場合に注意点が債務整理の前と後では大きく異なります。

では、詳しく説明していきます。

 

 

後払いアプリは「借金」です

 

冒頭でも書きましたが、

後払いアプリは「借金」です。

 

その他の代表的なものは、通信販売の代引きなどの商品発送後に支払う決済についても「借金」です。

 

多くの方は「借金」という認識で買い物をしたり、利用していないと思います。

 

クレジットカードの一括払いでも、借金には変わりありません。

 

弁護士 鬼頭
支払期日が守れないものを「借金」と呼ぶわけではありません。
後払いになっているものを「借金」と言います。

 

では、具体的な注意点をお話します。

 

 

後払いアプリを債務整理前に使った場合の注意点

 

債務整理の相談に行こうと決断できるまでは、個人差が多きものです。

 

自転車操業で、どうにか借入をして生活が回るうちは、債務整理に行こうと思わない人が圧倒的に多いです。

 

弁護士の立場の見解は、次の支払いのためや生活のために借入(クレジットカードを含む)を利用しなければ生活ができない状態であるのなら、債務整理をした方がいいケースが多いです。

単に他の借金に困ってもおらず、便利だという理由で後払いアプリを利用する分には構いません。

 

弁護士 鬼頭
他の借入額が上限に達していて生活の補填になっているのなら、一刻も早くお近くの法律事務所へ相談に行くようにしてください。

 

 

後払いアプリを債務整理中に使った場合の注意点

 

1番重要なのが、債務整理中に後払いアプリを使ってしまう場合です。

 

任意整理を依頼中に使ってしまった場合

和解成立後には、任意整理をした借金の弁済が始まります。

その支払いに支障が出るようですと、また支払困難となってしまいます。

そうなると、個人再生や自己破産を検討しなくてはいけなくなることもあるので、さらに弁護士費用もかかることになります。

せっかく手続きした任意整理を無駄にしないようにお気を付けください。


個人再生や自己破産の手続き中の場合

個人再生や自己破産の手続き中に後払いアプリを使ってしまうと、再生計画案の不認可・免責不許可事由に該当することになり、依頼した手続きが失敗に終わってしまう可能性が高いです。

 

弁護士 鬼頭
裁判所は、あなたの借金を減らすことが無意味だと判断しかねません。
絶対に後払いアプリを利用しないでください。

 

 

後払いアプリを債務整理後に使いたい場合の注意点

 

債務整理の手続き(任意整理・個人再生・自己破産)を終えた方への注意点があります。

 

信用情報機関に事故情報として登録されていても、後払いアプリであれば利用できる可能性も高いと思います。

 

クレジットカード決済のように利用できたり、スマートな買い物ができるため便利だと考えると思います。

 

任意整理や個人再生をした方

債務整理後の弁済に滞納してしまったりすると、再度債務整理をすることになります。

また、依頼費用などお金もかかるので使い方には注意しましょう。

 

自己破産をした方

ギリギリの生活をどうにかしようと、後払いアプリを使ってしまった場合に任意整理を行うことは、自己破産後でも可能です。

しかし、後払いアプリの場合は、少額なため、任意整理を選択しても費用倒れになる可能性が非常に高く、また将来利息をカットしても大きな意味を成さないことから、債務整理をすることができない可能性があります。

複数の後払いアプリを利用してしまった場合でも、自己破産後7年間は、免責を得ることはできないに等しいでしょう。

二度目の自己破産は、裁判所の目も厳しくなります。

 

では、最後にまとめます。

 

まとめ|後払いアプリの活用の仕方・タイミングには注意しよう!

 

①生活が破綻しているのに借金を増やす行為はやめましょう。

②個人再生や自己破産手続き中に後払いアプリを利用すると、裁判所から不認可・免責不許可を出される可能性が高いのでやめましょう。

③債務整理後に後払いアプリを利用する場合は、生活の範囲内で利用するようにしましょう。
ですが、生活の範囲を超えて使う場合には、前回よりも大きなリスクを負うということを覚えておいてください。

以上の3つの注意点をしっかり覚えておいてください。

あなたのタイミングによっては、弁護士はあなたのお力にはなれないこともあります。

 

 

 

借金・多重債務問題の解決方法は二択です。

①収入を増やして返済する
②借金の返済額を変える

借金の返済額を変えるとは

 


【ご予約について】


友だち追加

▲  ▲  ▲

友だち追加をして、メッセージを送ってください。


★メールでご予約される場合はこちら

メールから予約する


★お電話でご予約される場合はこちら

052-962-5600

・こんな内容を聞いてもらえるのかな?
・今日空いてるなら行きたい!
・ちょっと不安なことが聞きたいなど

お気軽にお電話ください!

お待ちしております。

最新情報をチェックしよう!
>弁護士はあなたの味方です。

弁護士はあなたの味方です。

あなたは「返済のために」お金を借りようとしていませんか?今月は借りて返済できても、そのうち借りる場所もなくなってしまいます。その支払いを一旦止めることで、心のゆとりも戻り、解決に向けて進んでいくことができます。

CTR IMG
お問合せはお気軽にこちらから→→→
メール又はLINEでどうぞ!