借金が返せない!と気づいたら…各借金の対処方法を解説します

今の時代、借金を持っている人は珍しくありません。

むしろ、クレジットカードを運用する時代なので、借金することは当たり前です。

 

ですが、支払に困るケースは多く、その借金の原因まで特定しないと解決には至りません。

 

任意整理のご希望で面談相談にいらっしゃる方の話を実際にしっかりお伺いすると…

とてもじゃないけど、任意整理では借金生活から抜け出す一手にはならないこともしばしばあります。

 

また、あなたの困っている借金を解決するためには、あなたの生活状況や各借金のどの部分が支払えないのかを判断しなくてはなりません。

 

これは、あなたの抱える借金によって対処方法が変わってきます。

 

借金が返せない!!
と頭を悩ませる毎日から…
“笑顔になれる毎日へのお手伝い”をするのが弁護士の仕事です。

この記事では、借金が返せないとお悩みのあなたへ、借金の種類別に対処方法を解説します。

 

 

借金が返せない種類別の対処方法

 

あなたの借金が返せない種類はどんなものでしょうか?

どの部分が返せない状況ですか?

  • クレジットカードの借金が返せない
  • 消費者金融・銀行からの借金が返せない
  • 住宅ローンが返せない
  • 車のローンが返せない
  • 奨学金が返せない
  • 個人間の借金が返せない
  • ヤミ金からの借金が返せない
  • 税金・保険料・年金・養育費・賠償金などが支払えない

 

1つだけの借金が返済できない場合は少ないです。

複数の借金が返せない場合も十分に考えられます。

以下の対処方法を参考にしてください。

 

収入が減って借金が支払えない場合

まず、何らかの理由でこれまでより収入が減ってしまった場合です。

 

単純に、収入が下がって、住宅ローンや車のローンが支払えない場合には、収入を増やす努力でそれぞれを守ることが可能です。

しかし、仕事ができなくなったり、どうにも収入を増やすことができなくなってしまったのなら、手放すことも考えなくてはなりません。

 

また、税金・保険料・年金・養育費・賠償金などが支払えない場合には、自己破産をしても免除されない支払いになります。

それぞれの窓口で、今の現状と支払いについての交渉をご自身ですすめてください。

 

1番要注意なのは、無理にこれまでの生活水準を守ろうとしたり、変えられないままでいると、クレジットカードやキャッシングを利用してしまい更に返済にも追われることになります。

 

その場しのぎの借金は危険です!

生活の補填をするための借金は、返済の目処が立たなくなります。

 

リボ払いを当てにして買い物をしている場合

リボ払いは、毎月の支払いの負担を軽減してくれるので、非常に便利な契約です。

 

しかし、そこに甘えていると、クレジットカードを利用した分、どんどん返済額も増えていきます。

 

1万円なら…と使い始めたクレジットカードも、気づけば3万円を超えていると、どんどん家計を圧迫していきます。

 

多重債務者の多くは、複数のクレジットカードやキャッシングを利用して、どうにもならない事態を招いています。

 

借金の額が増える要因としては、物欲が止まらなかったり、収入と支出のバランスが見合っていないことも考えられます。

 

弁護士 鬼頭

まず、これ以上、借金を増やさない努力が必要です。

その上で、生活を圧迫してしまった借金を減額させるなどの対処が必要になると考えられます。

 

 

何が問題だったのかがわからなくなっている場合

そもそも、何が問題でこんなにも借金が膨れ上がってしまったのかがわからなくなっていることもあります。

 

その場合は、原因を見つけ出すことが必要です。

  1. 毎月の収入額を出す
  2. 毎月の固定支出を出す
    (家賃・光熱費・通信費・その他決まった契約など)
    ※クレジットカードやキャッシングを除く
  3. 収入ー固定支出=生活費
    生活費はいくらあるのか?

本来であれば、生活費がいくらになるのかをまず出しましょう。

 

もしも、収入から固定支出を引いた時点で、マイナスならその時点で生活が成り立っていません。

 

次に、生活費から食費・日用品費などを割り出しましょう。

食費・日用品費などを差し引いたとき、残る金額はどのくらいでしょうか?

 

本来ならば、収入から固定支出を出して、残りの金額で生活を回しますよね。

この生活費の状況が、借金問題を深刻化させています。

 

借金問題を解決する時には、債務整理を行いますが、生活費がどのくらいになるのかをご自身で理解できていないと、どの手続きを選択すればいいのかわからなくなります。

 

せっかく、債務整理をしたのに生活が回らないのでは意味がありません。

弁護士費用の無駄遣いになってしまいますから、生活費の状況の把握は最重要です。

 

あなたの生活費から、どの程度なら借金が支払っていけるのか、また、借金を支払うことが全くできない状況なのかを判断します。

 

弁護士 鬼頭
生活費の中でしか借金を支払っていくことはできません。
一度手を出してしまった返済は、完済するまでつきまとうので、さらに借り入れて借金を増やしても、生活状況は悪化するだけです。

 

 

「借金が返せない」と気づいたら…弁護士に相談する道があることを知ってください

 

まず、先に言わせてください。

 

借金が返せない!!

 

そう気づいたら、パニックになる前に弁護士に相談する道があることを知ってください。

 

大丈夫です。

弁護士は、あなたのことを決して責めたりしません。

あなたの状況を詳細に伺って、あなたの力になれることをご提案するのが仕事です。

 

だから、借金があることを恥じなくて大丈夫です。

 

面談でお会いするのが初めてで、いきなり初対面の弁護士を信用するのも抵抗あるかもしれませんが、僕も誠心誠意尽くします。

 

ネットの記事なので、そんな形のご挨拶しかできませんが、あなたのお近くの法律事務所で話してもいいと思える弁護士に相談してみてください。

 

 

<債務整理をお考えの方へ>

債務整理とは何のこと?わかりやすく図解を使って説明します!
【債務整理】弁護士と司法書士の違いや費用について
債務整理|弁護士の選び方「3つの失敗しない重要ポイント」
弁護士費用の比較|債務整理の費用の相場はどのくらい?
債務整理の相談時に必要なものは?弁護士が1番教えて欲しいこととは…
債務整理のおすすめの手続きは?自分に合う方法の選び方
自己破産・個人再生|弁護士に相談前の事前準備・知識について

 

<債務整理の注意点>

借金バレたくない!家族に言えないから無理な任意整理を選択してしまう
任意整理ができない4つのパターンと難しい3つのケース
個人再生が選択できないケースとは?意外な4つの落とし穴
自己破産ができない理由と条件があるので知っておいてください
借金(ローン)返済途中に債務整理すると契約や商品はどうなる?

借金・多重債務問題の解決方法は二択です。

①収入を増やして返済する
②借金の返済額を変える

借金の返済額を変えるとは

 


【ご予約について】


友だち追加

▲  ▲  ▲

友だち追加をして、メッセージを送ってください。


★メールでご予約される場合はこちら

メールから予約する


★お電話でご予約される場合はこちら

052-962-5600

・こんな内容を聞いてもらえるのかな?
・今日空いてるなら行きたい!
・ちょっと不安なことが聞きたいなど

お気軽にお電話ください!

お待ちしております。

最新情報をチェックしよう!
>弁護士はあなたの味方です。

弁護士はあなたの味方です。

あなたは「返済のために」お金を借りようとしていませんか?今月は借りて返済できても、そのうち借りる場所もなくなってしまいます。その支払いを一旦止めることで、心のゆとりも戻り、解決に向けて進んでいくことができます。

CTR IMG
お問合せはお気軽にこちらから→→→
メール又はLINEでどうぞ!