債務整理のタイミングはいつがベスト?ケース別の目安と予測解説

借金があっても

まだ大丈夫!

きっと返していける!

そう思うことはあっても、ちょっとヤバイなという注意信号で債務整理を率先的に見当する人はなかなかいません。

 

なぜなら、

“どうにかできるかもしれない”借金のために、弁護士に相談して、ブラックリストに載ることを了承して、債務整理をしようとは思わないからです。

 

むしろ、この注意信号の時点から赤信号へと変化するまでが「あっという間」であることに気づいていない方が危険です。
債務整理のタイミングを逃すと、差し押さえ強制執行を受けることになりかねません。

あなたの現在の状況と照らし合わせて、債務整理のタイミングや債務整理の方法を考えてみてください。

 

 

【ケース別】債務整理を検討した方がいい5つのタイミング

 

債務整理を検討するのなら、どんな手続きになるのか…

債務整理をするとどうなるのか?

債務整理をしなかったらどうなるのか?

その目安や予測を解説します。

 

注意信号|生活費を借金で賄い始めたら…

あなたは、どちらに当てはまりますか?

  1. 収入が減って困っている
  2. 支払額が多すぎて生活費が足りない

 

①の収入が減って困っている場合

減給、休職、退職、転職といろんなご事情があると思います。

債務整理のポイントは、収入が元通りになる見込みがあるのか、ないのかです。

現在の収入のベースから、どのくらいの返済額であれば支払えるのかを割り出して、その金額に見合った手続きを選択します。

 

②支払額が多すぎて生活費が足りない

クレジットカードやキャッシングなどの請求額が多くなりすぎて、その支払いに追われて、生活費が足りなくなっている場合は、早急に債務整理を検討する必要があります。

現在の収入のベースから、どのくらいの返済額であれば支払えるのかを割り出して、その金額に見合った手続きを選択します。

 

生活費の穴埋めにしていることは何ですか?

  1. 親から援助
  2. クレジットカードで補填
  3. キャッシングで補填
  4. 給料の前借

 

貯金や財産の切り崩しをしても足りなくなったお金は、①~④のいずれかで賄おうとしていると思います。

これら、どれも種類は「借金」になります。

 

ただし、親からお金を借りたのではなく、もらったのであれば、それは借金には該当しません。

 

弁護士 鬼頭
収入と支出のバランスが崩れて、クレジットカードやキャッシングなどで借入をしないと生活が回らない状況になったら、債務整理を検討してください。
早期に相談して頂ければ、任意整理をするだけで借金問題を解決できる可能性もあります。
任意整理であれば、家族や会社にバレることなく手続きができます!

 

赤信号|借金の返済のために借金をしているとき

もう一歩進んで、生活費を賄うだけでは足りず、借りたお金で返済をしないと生活が回らなくなる状況まで来ると、完全な破綻まであとわずかです。

 

これまで、どうにもならないとは言え、クレジットカードやキャッシングを利用することができていたと思います。

 

しかし、借入上限額に達してしまえば、補填する先が無くなります。

どこからもお金を借りることができなくなってしまえば、生活することもできなくなってしまいます。

 

弁護士 鬼頭
「もうヤバイ」と感じる状況なら、相談だけでも結構ですから、弁護士の無料相談を受けてください。

 

借金を返すことができず、滞納し始めたとき

さらに状況が悪化すると、借金の返済期日が来ても、返済することができなくなります。

 

返済するお金がなければ、滞納せざるをえません。

 

新規の借入も断られるケースも出てきます。

これは、貸金業者からあなたには返済能力がないと判断された可能性が高いです。

 

また、滞納が続くと、信用情報機関に事故情報として登録されてしまいます。

 

弁護士 鬼頭
この段階で相談に来る方は非常に多いです。
債権者もあなたから返済してもらえないと考えるので、早期対策が必要です。

 

債権者から督促状が届き始めたとき

債権者名での督促状が届いているうちは、まだ警告だと思っているかもしれませんが…

 

差出人があなたの借りた債権者名から債権回収会社に変わってしまったりと、事態は深刻な方向へと進んでいきます。

 

差出人が知らない相手だからと放置せず、督促状や催促状が届いたときには、もう最終段階に進んでいこうとしていると最後の警告だと思ってください。

 

弁護士 鬼頭
このまま放置していると、次は、いよいよ…裁判所からの手紙が届くかもしれません。
裁判所から手紙が届いて慌てて弁護士に相談しても、訴訟を止められないケースも出てきますので、一刻も早く弁護士に相談することをおすすめします。

 

危険度MAX|裁判所から支払督促や訴状の手紙が届いたとき

もしかしたら、借金を踏み倒すことができるんじゃないかと淡い期待を抱いたかもしれません。

 

でも、そんな仏心を債権者は持ってくれることはなく、裁判所に支払督促や訴状の申立てを行います。

 

これは、どちらが届いても、判決が出てしまえば、あなたの給料や口座の差押えをするまでのカウントダウンがスタートしたという合図になります。

 

支払督促ならば、2週間以内に異議申立書を返送しなくてはなりません。

 

弁護士 鬼頭
裁判所からの手紙には驚いて、相談にいらっしゃるケースが多いです。
場合によっては、差し押さえや強制執行を受けるしかないこともあるので、急いで相談にお越しください。

 

簡易裁判所から届く特別送達とは?差押えまでのカウントダウン開始…

 

 

債務整理のタイミングが遅くなるとどうなるのか?

 

おさらいも含めて解説します。

債務整理を早い段階で検討することは、なかなかできることではないと書きました。

これには、プライドもあって、人生の落第者とは考えたくないという気持ちが強い現れです。

 

では、債務整理のタイミングが遅くなればどのようなデメリットやリスクがあるのでしょうか?

 

  1. 債務整理の手続きが任意整理では難しくなる
  2. 借金総額が膨れ上がってしまう
  3. ブラックリスト期間が長くなる
  4. 財産の処分をしなくてはいけなくなる
  5. 弁護士費用が高額になる
  6. 差し押さえや強制執行を受けることがある

 

この①~⑥のリスクは、どれも嬉しくないですよね。

もちろん、早期のご相談でも、借金の金額が高額であれば、個人再生や自己破産を検討しなくてはならないケースもあります。

 

任意整理であれば、ブラックリストに載る期間も5年で済みますが、個人再生・自己破産を選択すると5~10年に延びてしまいます。

 

また、個人再生・自己破産は、借金総額で考えるため、車などを引き揚げられることになったり、財産を処分しなくてはいけないことも出てきます。

 

そして、手続き費用も高くなり、期間も半年以上を要することになります。

 

※すでに差し押さえや強制執行を受けている場合は、個人再生・自己破産の申立てをした後でしか止めることができなくなりますのでご注意ください。

 

 

債務整理をするベストなタイミングとは?

 

さいごに債務整理をするにあたって、ベストなタイミングがあるのか?ということを一緒に考えたいと思います。

 

それは、あなたの中で

ヤバイ…

という感覚を思った時です。

 

あなた自身が、今の状況はマズイ…ヤバイ…と危機感を持たなくては、誰かが説得しても無意味でしょう。

 

あなたの頭の中が借金のことで一杯になって、心のゆとりも無くなってしまった時には、弁護士のところに相談にお越しください。

 

その場で、即依頼をしなくても大丈夫です。

 

まずは、自分がどのようになるのかを知ってください。

 

その上で、債務整理が必要だと感じたら、その時に弁護士にご依頼ください。

 

 

 

<債務整理をお考えの方へ>

債務整理とは何のこと?わかりやすく図解を使って説明します!
【債務整理】弁護士と司法書士の違いや費用について
債務整理|弁護士の選び方「3つの失敗しない重要ポイント」
弁護士費用の比較|債務整理の費用の相場はどのくらい?
債務整理の相談時に必要なものは?弁護士が1番教えて欲しいこととは…
債務整理のおすすめの手続きは?自分に合う方法の選び方
自己破産・個人再生|弁護士に相談前の事前準備・知識について

 

<債務整理の注意点>

借金バレたくない!家族に言えないから無理な任意整理を選択してしまう
任意整理ができない4つのパターンと難しい3つのケース
個人再生が選択できないケースとは?意外な4つの落とし穴
自己破産ができない理由と条件があるので知っておいてください
借金(ローン)返済途中に債務整理すると契約や商品はどうなる?

 

借金・多重債務問題の解決方法は二択です。

①収入を増やして返済する
②借金の返済額を変える

借金の返済額を変えるとは

 


【ご予約について】


※名古屋にある当事務所までお越し頂けない場合は、お近くの法律事務所をお探しくださいますようお願い申し上げます。

友だち追加

▲  ▲  ▲

友だち追加をして、メッセージを送ってください。


★メールでご予約される場合はこちら

メールから予約する


★お電話でご予約される場合はこちら

052-962-5600

・こんな内容を聞いてもらえるのかな?
・今日空いてるなら行きたい!
・ちょっと不安なことが聞きたいなど

お気軽にお電話ください!

お待ちしております。

最新情報をチェックしよう!
>弁護士はあなたの味方です。

弁護士はあなたの味方です。

あなたは「返済のために」お金を借りようとしていませんか?今月は借りて返済できても、そのうち借りる場所もなくなってしまいます。その支払いを一旦止めることで、心のゆとりも戻り、解決に向けて進んでいくことができます。

CTR IMG
お問合せはお気軽にこちらから→→→
メール又はLINEでどうぞ!