【奨学金の連帯保証人】返済できなくなったら親にどう迷惑をかけるのか?

奨学金単独の支払えないという相談はありません。

 

奨学金を抱えていて、その他の借金がかさんで、すべての支払が困難になることがあります。

 

ご相談として多いのは、

奨学金の完済までの期間で、クレジットカードやキャッシングの借り入れが増えすぎて、支払いが難しいというものです。

 

 

大学や専門学校を出れば、社会人となり、稼ぎもあるだろう…

 

そう思い描いて、学生生活を送ってきたと思います。

 

山のない人生はありません。

 

何らかの理由で、退職をすることもありますし、自由を得た反動で買い物をたくさんしてしまうこともあるでしょう。

 

 

弁護士は、借金で困った時の味方になれるんですよ!

 

ですが、奨学金を借りていると、親が連帯保証人になっていることがほとんどです。

 

今日は、あなたの問題を解決しようとしたときに、どんな問題が起きるのかを説明していきます。

 

 

 

奨学金を含む借金の相談は「保証人」の課題がネックになる

 

奨学金を借りるには、2つのパターンで契約することができます。

 

  1. 親が連帯保証人
  2. 機関保証

 

あなたの奨学金は、どちらの保証契約をしていますか?

 

もし、2の機関保証契約をしている場合は、奨学金を債務整理しても、親に迷惑をかけることはありません。

 

弁護士 鬼頭
借金の返済に困っているのなら、すぐに相談にお越しください。

 

 

 

ですが、1の親が連帯保証人として、契約をしている場合は…

 

あなたが主債務者で、その保証人が親です。

 

「あなたが支払いができない」という手続きを取ると、奨学金の返済は、親に請求されることになります。

 

弁護士 鬼頭
この連帯保証人という問題がネックで、相談になかなか来れないで苦しむ場合があります。
そのままにしていると、借金だけが膨らんだり悪循環になる可能性があるので注意が必要です。
※また、奨学金だけに限らず、車の契約だったり、賃貸の契約、住宅ローンの契約についても同じです。

保証人には、一括返済を求められることを知っておきましょう

 

借金の支払いは、支払が困難だからと、放置できるものではありません。

 

放置していると、場合によっては、連帯保証人に請求されてしまうことがあります。

 

連帯保証人に請求されるのは、大きく2つです。

 

  1. 借金の滞納がある
  2. 借金の債務整理をしたとき

 

どちらかの理由が発生した時、債権者は、連帯保証人に請求します。

 

しかも、一括返済を求める通知を出します。

 

 

それは、困る…と、躊躇される方がほとんどです。

 

ですが、あなたが支払が困難な以上、どうすることもできません。

 

 

 

保証人に迷惑をかけずにやれる方法は「任意整理」のみ

 

借金の問題を解決するための方法を考えることを「債務整理」と言います。

 

債務整理には、3つの手続きがあります。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

 

この中で、任意整理を選択すると、保証人に迷惑をかけることなく手続きを行うことができます。

 

任意整理とは…

1つの借金に対して、利息をカットし、元本だけを3~5年で支払う手続きです。

 

例えば、100万円の借金であれば…

3年の返済計画で、27,777円を毎月支払っていくことになります。

 

5年の返済計画では、16,666円となります。

 

 

この方法でまかなっていけるのならば、毎月の負担額を減額することができる可能性はあります。

 

ですが、高額の借金となっている場合は、それでも、生活の負担が減らない場合もあるので、注意が必要です。

 

弁護士 鬼頭
いろんな理由から、無理な任意整理の依頼をしようとする方がいますが、本当に最良な方法を選ぶことが大切です。

連帯保証人の親に迷惑をかけることになる債務整理とは…

 

任意整理では、借金の減額がうまくできず、毎月の生活の圧迫が考えられる場合は、別の方法を考えます。

 

個人再生

借金の全体を5分の1~10分の1へ減額し、3~5年で支払う手続きです。

 

例えば、総額400万円の借金であれば、100万円に最大減額することができます。

 

3年で、27,777円

5年で、16,666円

 

先ほどの任意整理では、1つの借金で考えました。

 

個人再生は、借金全体なので、負担割合が大きく変わります。

 

 

自己破産

借金全体を帳消しにする手続きです。

 

プラスの財産があれば、総額99万円まで残すことができますが、処分対象となるプラスの財産も発生するのがデメリットとなります。

 

 

このどちらかの手続きをすると、連帯保証人である親のもとに請求がいくことになります。

 

個人再生では、あなたも大幅に減額した支払いをすることになるので、自己破産よりは、親にかける負担は減ります。

 

自己破産を選択すると、奨学金などの連帯保証人となっている親は、全額を負担することになります。

 

 

あなたが、親にいくつの借金の保証人になってもらっているかが問題となります。

 

 

 

【まとめ】債務整理の仕組みを理解した上で、親に打ち明けることが必要

 

連帯保証人に親がなっていて、あなたに借金がある場合…

 

あなたが支払っていくことができているうちは、何の問題もありません。

 

ですが、あなたが支払っていくことが難しくなったら、親に迷惑をかけずに済むことはなくなります。

 

正直に打ち明けることを嫌でもしなくてはなりません。

 

もしも、親が代わりに支払ってくれるとなれば、助けてもらうこともできます。

 

親の経済状況も良くないのであれば、尚更、親に早く打ち明けて、どうしていくべきかを共に考える必要があります。

 

 

 

債務整理を弁護士に相談するメリット・デメリットについて解説!

関連記事

「弁護士」と聞くと…おおごとな事件に自分が直面している気がしませんか? 何気ない毎日を過ごしていれば、テレビドラマで見たりするくらいで無縁な存在だと思います。   弁護士と言えば… 訴訟問題や裁判で活躍する[…]

借金・多重債務問題の解決方法は二択です。

①収入を増やして返済する
②借金の返済額を変える

借金の返済額を変えるとは

 


【ご予約について】


友だち追加

▲  ▲  ▲

友だち追加をして、メッセージを送ってください。


★メールでご予約される場合はこちら

メールから予約する


★お電話でご予約される場合はこちら

052-962-5600

・こんな内容を聞いてもらえるのかな?
・今日空いてるなら行きたい!
・ちょっと不安なことが聞きたいなど

お気軽にお電話ください!

お待ちしております。

最新情報をチェックしよう!
>弁護士はあなたの味方です。

弁護士はあなたの味方です。

あなたは「返済のために」お金を借りようとしていませんか?今月は借りて返済できても、そのうち借りる場所もなくなってしまいます。その支払いを一旦止めることで、心のゆとりも戻り、解決に向けて進んでいくことができます。

CTR IMG
お問合せはお気軽にこちらから→→→
メール又はLINEでどうぞ!