キャッシングの借金が返済できない時の相談先は法律事務所へ

今の時代は、消費者金融・銀行などから現金を気軽に借りられるようになりました。

年度替わりの節目の出費、突然の出費にも大きなハードルなく、親に頭を下げることもなく借りることができます。

非常に便利になったと思います。

 

ですが、一時的な立替として借りたその場はいいかもしれません。

 

借りたお金は、すべて返済する義務があります。

 

返済日が来るまでは、1ヶ月以上間が空いていることもあるでしょう。

 

1ヶ月も時間があれば、借りた時と生活の状況は変わったりします。

 

返済できるつもりで借りたお金だったとしても、別の出費などで計算が狂ってしまうこともあります。

 

しかし、実際に多いケースは…

 

消費者金融・銀行でお金を借りて、返済が苦しいと思っている方は、すでに多重債務者である場合がほとんどです。

 

弁護士 鬼頭
クレジットカードがすでに限度額に到達していたり、クレジットカードの支払いをするためにキャッシングを利用しているケースも多いです。

 

さて、あなたの状況はどうでしょうか?

返済に困難を感じている場合、どうしたらいいのか悩むと思います。

 

どのような解決方法があるのかを一緒に考えてみましょう。

 

 

最初は「ちょっと穴埋めのつもり」で借りたお金…

 

何かのきっかけでお金を借りることがあった時、まず、その場の入り用の解決に気持ちが行ってしまっていますよね。

 

・車検代

・卒入学費用

・急な出費

・旅行などの遊び…

 

現金でなければ、対応できないことがあります。

 

 

そして、返済は、1万円だもん…

大丈夫だよね…

 

と、何となくな状況でスタートすると思います。

 

社会的な体裁もあって、どうしてもお金が必要になることもあるものです。

以前なら、親に頭を下げて借りることも多かったと思います。

今は、親に頭を下げるより簡単に借りれてしまいます。

 

親ならお小言がついてくるけれど、他人は気前よく融資に応じてくれるものです。

 

そんなちょっとの穴埋め、1万円だった返済額もどんどん苦しくなってしまうことがります。

 

弁護士 鬼頭
この穴埋めのお金を返すために、クレジットカードで生活を賄うこともあるかもしれませんね。
そうなると、返済するお金はさらに増えていることになります。

 

 

多重債務者が陥る状況とは…

 

クレジットカードは、カードを取扱っているお店でしか使えません。

公共料金や税金の支払いなど、カード払いにしていない限り、現金が必要です。

どうしても、クレジットカードだけでは賄えないこともあります。

 

消費者金融・銀行は、現金を借りることができるので、現金は国内であればどこでも使うことができます。

 

現金さえあれば…

クレジットカードで支払えないものや、逆にクレジットカードなどの支払いに充てることもできます。

 

一時的に立替のような感覚で借りたお金であれば、大きく困ることはないでしょうが…

 

すでにお金のやりくりに困っている状況下で、消費者金融・銀行からお金を借りてしまうと、返済が追い付かない事態に発展してしまいます。

 

【気を付けてこれが多重債務への道】

A社を返済するためにB社から借入をする、生活費のためにC社から借入をする…

多重債務者への道は、こうして進んでいってしまいます。

 

このような状態は、自転車操業ともいわれます。

 

あなたがもし、自転車操業状態になってしまっているのなら、この借金問題を解決させることを1番に考えないと〝借りる先〟をいつか無くしてしまいます。

 

では、どんな場所に相談に行けばいいのかをお伝えします。

 

 

消費者金融・銀行で借りたお金を返済に充てている状況なら一刻も早く相談に行こう!

 

あなたが何かの返済のために消費者金融・銀行からお金を借りている状況で、その返済に困っているのなら要注意な状態です。

 

なぜなら…

借入限度額が来た段階で終わりを迎えることになってしまいます。

 

キャッシングの借入限度額、クレジットカードの利用限度額を迎えてしまうと、もう借りる先がありません。

 

そうなると、次に返済できないお金を放置(滞納)するしかなくなってしまいます。

 

【支払えないとどうなるのか】

返済できずに放置すると、裁判所から訴状が届いたりする原因になります。

 

裁判所から訴状や支払督促が届くような事態にまで発展すると、給料の差押えをされてしまうなどの強制執行を受けることになりかねません。

 

だから、借金が原因で生活が回らなくなっていることに気づいたら、一刻も早く法律事務所へ相談にお越しください。

 

弁護士なら借金問題を解決させることができます。

 

【弁護士にできること】

今ある借金の取立てをストップさせることができます。

 

督促でかかってくる電話に悩まされませんか?

 

ポストを開ける度に憂鬱になりませんか?

 

返済できない状況ならば、債務整理という方法で借金を減額または免除させることができます。

 

<借金の相談ができる相手>

弁護士または認定司法書士

弁護士は、あなたの代理人にもなれる法律のスペシャリストとして、お困りの案件すべてに対応できます。

 

認定司法書士は、1社140万円未満の借金しか取り扱えず、代理人にはなれないので、手続きによっては高くつく場合や手続きに困ることもあるかもしれません。

取扱いについて不安がある場合は、最初から弁護士に相談することをお勧めします。

 

弁護士 鬼頭
あなたの状況に合わせて、明るい未来へ選択しを一緒に決めるのが「債務整理を専門に手掛けている弁護士」にできることです!

 

債務整理の専門性が高い(取扱い経験の多い)弁護士は、債権者の和解交渉条件等を熟知しています。

 

だから、あなたにとってベストな方法をご提案できるのです。

 

逆に債務整理の経験が浅いと、無意味な任意整理や過度な自己破産の提案をして、本質的な問題解決に繋がらないこともあります。

 

病院の医師と同じです。

弁護士なら何でも知っているではなく、得意な案件、経験の浅い案件などあります。

 

あなたのお役に立つことを前提に考えると、弁護士選びは、その法律事務所の専門性でお選びください。

 

 

<債務整理をお考えの方へ>

債務整理とは何のこと?わかりやすく図解を使って説明します!
【債務整理】弁護士と司法書士の違いや費用について
債務整理|弁護士の選び方「3つの失敗しない重要ポイント」
弁護士費用の比較|債務整理の費用の相場はどのくらい?
債務整理の相談時に必要なものは?弁護士が1番教えて欲しいこととは…
債務整理のおすすめの手続きは?自分に合う方法の選び方
自己破産・個人再生|弁護士に相談前の事前準備・知識について

 

<債務整理の注意点>

借金バレたくない!家族に言えないから無理な任意整理を選択してしまう
任意整理ができない4つのパターンと難しい3つのケース
個人再生が選択できないケースとは?意外な4つの落とし穴
自己破産ができない理由と条件があるので知っておいてください
借金(ローン)返済途中に債務整理すると契約や商品はどうなる?

借金・多重債務問題の解決方法は二択です。

①収入を増やして返済する
②借金の返済額を変える

借金の返済額を変えるとは

 


【ご予約について】


※名古屋にある当事務所までお越し頂けない場合は、お近くの法律事務所をお探しくださいますようお願い申し上げます。

友だち追加

▲  ▲  ▲

友だち追加をして、メッセージを送ってください。


★メールでご予約される場合はこちら

メールから予約する


★お電話でご予約される場合はこちら

052-962-5600

・こんな内容を聞いてもらえるのかな?
・今日空いてるなら行きたい!
・ちょっと不安なことが聞きたいなど

お気軽にお電話ください!

お待ちしております。

最新情報をチェックしよう!
>セカンドオピニオンのご案内

セカンドオピニオンのご案内

セカンドオピニオンとは、よりよい決断をするために、もう1つの意見を別の専門家に求めることができることです。他の法律事務所で受けた提案に対する不安や疑問などを一緒に解決しませんか?

CTR IMG
お問合せはお気軽にこちらから→→→
メール又はLINEでどうぞ!