ネットゲーム・アプリ課金で借金が膨大に…あなたを救済できる手続きについて

いきなりですが、ゲームって楽しいですよね!

 

いや、楽しいよりも、習慣化してしまったり…

 

ヤケになってやめられなかったり、SNS機能で他のユーザーより優越感を味わいたかったり…

 

限定ガチャのコンプリートを目指したかったり…

 

いろんな目的によって、その一歩先にある課金をしてしまうこともあると思います。

 

その課金の金銭管理はできていますか?

 

ヤケになると、短期間で、とんでもない金額を課金してしまう方も実際にいらっしゃいます。

 

世の中では、こういう方々のことを「ゲーム依存症」とか、「ゲーム障害」と呼んだりするようです。

 

でも、それだけで片付かないものがありますよね?

 

ハッと気づいた時には、どうにもならない金額となった借金の請求書だけがあるなんてことがあります。

 

アプリ課金は、お金を使った感覚もないので、本当に危険です。

 

まず、借金を考えることになる材料として「課金額の返金について」や「未成年者の課金について」を先に説明します。

 

 

アプリの課金の結果に納得がいかない場合、返金請求は可能なのか?

 

例えば、ガチャを回したけれど、レアキャラが出なかった。

 

告知されていた内容と違う場合など、納得のいかないことがあると思います。

 

その場合に返金請求ができるのかを考えてみましょう。

 

排出率や宣伝内容に誇大広告として載せていなかったか、告知に間違いがないか、が論点となります。

 

まずは、このような場合は、国民生活センター(消費生活センター)へ問い合わせをしてみましょう。

 

明らかな詐欺である場合は、訴訟を起こすことも可能だと思いますが、そこにかかる費用を考えると…さらなる負担があることを覚悟しなくてはなりません。

 

世の中のみなさんは、簡単に「訴訟する」と、口に出したりしますが、実際は、返金請求したい額を訴訟費用の方が上回り、取り分が少なくなることもありますので、残念ながら、得策とは言いにくいです。

 

 

未成年の子供が親に内緒で課金をしていたら、取消しできるのか?

 

これについても、なかなか難しい案件です。

 

基本的には、親の監督不足ということで、親の責任となる場合が多いです。

 

ファミリーとしてグループを組んでいると、簡単に子供が課金できたり、親の端末を使って課金をしてしまったりすることがあると思います。

 

ですが、アプリ側に過失があることを立証しなくてはなりません。

 

厳しいですが、そもそも、子供が課金できないように対策を練っておかなかったことについての親の過失も問われる部分があると思います。

 

ただ、知らないところで、信用していた我が子の行動に打ちのめされる気持ちになることは、同じ親として同感です。

 

では、本質的な部分を考えてみましょう。

課金が原因の借金をどうにかすることはできるのでしょうか?

 

 

ネットゲーム・アプリの課金でできた借金を債務整理するにはどうするべきか?

 

まず、その借金をどうにかしなくてはなりません。

 

「なぜ、そんな金額を投入したんだ?」と、問い詰めている暇はないのです。

 

借りたものは、返す義務がありますから、債権者から当然のように返済を迫られることになります。

 

額が大きくなると、返済を迫られても、支払うことができなくなってしまいます。

 

実際、課金でできた借金は、ジャンルを絞ると「浪費が原因の借金」ということになります。

 

この浪費が原因の借金は、自己破産は難しい場合があります。

 

 

自己破産は、「誰でも借金を帳消しにします」なんて甘い制度ではありません。

 

それ改善の見込みあるの?ちょっと認められないなぁ

 

と、裁判所に言われてしまえば、それまでです。

 

自己破産が失敗に終わる可能性も秘めています。

 

 

そして、任意整理(利息をカットし、元金だけを3~5年で弁済するもの)を考えようと思っても、金額が大きければ、まず3~5年で弁済することは難しいとなりますし、短期間で借り入れてしまった場合は、債権者も和解に応じてくれないケースも出てくる可能性があります。

 

よって、任意整理も難しいとなります。

 

 

 

債務整理には、あと1つ方法があります。

 

個人再生という手続きです。

 

個人再生は、借金総額を大幅に減額することができますし、自己破産のように借金の原因で手続きが難しいということはありません。

 

自己破産と違い借金が帳消しになるわけではないので、あなたが支払っていくことができるかは、課題として残ります。

 

例えば、総額800万円の借金を個人再生で考えると…

最低弁済額は160万円です。

 

3~5年で弁済計画を立てます。

 

3年の場合は、毎月44,444円~

 

5年の場合は、毎月26,666円~

 

このような形で返済していくことになっています。

 

~の部分に含まれるのは、あなたの財産状況によって、清算価値として評価できるものがあれば、弁済額が変わるので、評価財産がない場合の金額をご紹介しています。

 

 

と、ざっくりと、どんなことができるかをご説明しましたが、あなたの抱える借金の状況によっては、自己破産も任意整理も可能である場合もあると思いますので、弁護士に相談して、一緒に方針を決めていきましょう。

 

 

 

【まとめ】アプリ課金は解決策が難しい場合があることを理解しておこう!

 

もっと、画期的な解決策があるかと期待を寄せていたかもしれません。

 

でも、実際は、そんなに甘いものではないことが理解いただけたでしょうか?

 

個人的な僕の意見で、どうにかできるのならば簡単ですが、共感できても、法律は共感だけではどうにもなりません。

 

なので、シビアなことしかお答えできないことも多々あるものです。

 

弁護士、相談

ですが、僕の力で解決できることは、一生懸命考えたいと日々取り組んでいます。

 

借金に困ったら、一刻も早く相談にお越しください。

 

 

 

 

 

借金・多重債務問題の解決方法は二択です。

①収入を増やして返済する
②借金の返済額を変える

借金の返済額を変えるとは

 


【ご予約について】


友だち追加

▲  ▲  ▲

友だち追加をして、メッセージを送ってください。


★メールでご予約される場合はこちら

メールから予約する


★お電話でご予約される場合はこちら

052-962-5600

・こんな内容を聞いてもらえるのかな?
・今日空いてるなら行きたい!
・ちょっと不安なことが聞きたいなど

お気軽にお電話ください!

お待ちしております。

最新情報をチェックしよう!
>弁護士はあなたの味方です。

弁護士はあなたの味方です。

あなたは「返済のために」お金を借りようとしていませんか?今月は借りて返済できても、そのうち借りる場所もなくなってしまいます。その支払いを一旦止めることで、心のゆとりも戻り、解決に向けて進んでいくことができます。

CTR IMG
お問合せはお気軽にこちらから→→→
メール又はLINEでどうぞ!