「借金が返済できない」時の相談と取り立てからの対処方法

借金の問題は、本当にデリケートで、簡単に誰かに打ち明けることができるものではありません。

 

このままじゃダメだとわかっていても、誰かに相談することは、自分の汚点を晒すという気持ちにもなりますよね。

 

僕が、弁護士として債務整理を専門に取り扱って15年以上になりますが、極限まで言えないままでいる人が大半です。

 

弁護士 鬼頭
僕がどんなに早めに相談に来てください!と呼びかけても、そのハードルは低くありませんよね。

 

こんにちは、アーク法律事務所の弁護士、鬼頭です。

 

友達になら「借金あるし~大変!」くらいのことを話の流れで言えるかもしれません。

 

でも、その借金がいくらあって、毎月の返済がいくらで、生活が…
なんて、具体的なことを言える人は、ほとんどいないでしょう。

 

借金はどうにかしたい…
でも、弁護士に話すのはハードルが高い!

 

僕は、それも理解しています。

 

その上で、相談に揺れ動くあなたへ話したいことがあります。

 

「取り立て」の対応は実は簡単にできる!

 

もうどうにもならないなぁ…

 

と、感じた時には、債権者からの取り立ての連絡にも困っていることが多いです。

 

また、支払の催促の電話だと思うと、電話が鳴るのもビクッとしますよね。

 

そんな時のベストな方法は

「今、弁護士に相談することを考えています」

と、誠意を込めて対応をすることで、取り立てへの対応ができます。

ただし、伝える際の注意点があります。

 

  • 嘘はダメ
  • 弁護士に相談するまでの期間が空くのもダメ
  • その言葉は受任通知にはならない

 

弁護士に依頼すると、受任通知を債権者に送るので、取り立てができなくなります。

 

※受任通知とは

○○さんの債務整理をするために弁護士が入りました。
「債務整理が終わるまで、○○さんには、取り立てをしないでください」
という通知を債権者に送ります。これを受け取った債権者は、債務整理の期間中に取り立てをすることができなくなります。
ただし、金融機関にしか法的効力の及ばないもので、個人間などでは法的な効力を持ちません。

 

大きな意味を持つ「弁護士への相談」というキーワードを相手に伝えることで、無視するよりも真摯な対応となります。

 

ですが、嘘や相談するまでの期間を空けたりすれば、誰だって気分の良いことではなくなります。

 

結果的に嘘と取られるような状況になれば、債権者も取り立ての強化として、差押えなどをしてくるかもしれません。

 

くれぐれも対応にはご注意ください。
弁護士 鬼頭
その月だけ返済ができない場合の対処は、ありのまま伝えて待ってもらうことは可能でしょうが、慢性的に返済ができない状況である場合には、解決方法が見つからずに過ごすことになります。
そのまま悩み続けるよりも、一度弁護士にご相談ください。

 

合わせて、弁護士への相談についてご紹介します。

 

弁護士は、あなたの借金問題を私的に考えることはありません

 

借金の問題を解決させるには、弁護士に相談するのが1番です。

 

弁護士 鬼頭
あなたの経済状況や借金に至った経緯を私的に考えることはありません。
僕を頼って来てくださったご相談者様には、自分の家族の困りごとを聞くように寄り添うことを心がけています。
ご提案できることは、法律を駆使したこととはなりますが、あなたが笑顔になれる道を一緒に模索します。

 

借金問題を解決させるには、3つの方法があります。

・任意整理

・個人再生

・自己破産

これをまとめて債務整理と呼びます。

 

司法書士にも借金の相談をすることは可能ですが、

弁護士の役割の1つは、あなたの代理人となれることです。

 

代理人になれるから、裁判所への申立てをすることができたり、様々なことへの対処ができます。

 

代理人であるから、あなたの情報を教えていただかなくては、代理人の務めが果たせません。

 

だから、面談に来る初回には、大きな勇気も必要になることだけがお願いしなくてはならないことです。

 

弁護士が知りたいのは、あなたの借金の原因・総額・毎月の返済額

 

弁護士が、あなたの相談を聞き取る時に重要視していることがあります。

 

弁護士が相談者から5つの知りたいこと

・借金の原因

・借金の借入件数

・借金の総額

・毎月の返済額

・現在の資産状況

 

どれも打ち明けるには、勇気のいることだと思います。

 

ですが、この情報がなければ、あなたに借金問題を解決する提案ができません。

 

 

弁護士はあなたから得た情報で、債務整理の方法を検討している

 

例えば、あなたから得た情報の中に、住宅ローンがあるというキーワードがあれば…

 

弁護士 鬼頭
僕は、住宅を残せる方法を1番に検討してあげたいと考えます。

 

念願の住宅を簡単に手放せる人などいないでしょう。

 

宅地開発も進み、家賃を支払うなら、分譲住宅を買うという選択をする人も多いと思います。

 

やっとの思いで購入した住宅をできれば手放さない方法で、相談者を解決へと導けないか?

 

そこを重視して考えたりします。

 

つまり、あなたの状況において、1番のベストは何だろう?

 

そこを考えることが、専門家として、相談を受ける弁護士が心がけるべきことだと自負しています。

 

 

弁護士は、あなたの生活が改善できる方法を提示することに重きを置いている

 

いろんな思いで打ち明けてくださった状況から、3つの債務整理のメリット、デメリットを考えて提案をします。

 

でも、その提案は、あなたのベストでなければ意味がありません。

 

弁護士費用も安くはないです。

 

債務整理という依頼は、一度で終わりにしなければ、意味がないことです。

 

 

ネット情報だけを鵜吞みにしないで!弁護士の提案があなたと違うことがある

 

今は、ネット社会なので、知りたいことが簡単に調べれます。

 

もちろん、自分の望んでいる答えにたどり着くかは別の話です。

 

ですが、

「Aという状況なら、自己破産しかないんだ」

 

「Bという状況なら、任意整理で大丈夫」

 

ネットから得た情報で、相談の時に解決方法を指定してお越しになる方もいます。

 

でも、それでは、借金問題が解決しないこともあります。

 

それよりも、別の方法を選択した方がメリットがあることもあります。

 

弁護士 鬼頭
弁護士があなたと見解違いの提案をすることは、よくあることです。

 

どこまでいっても、ネットに出回っている情報が一致するかは、あなたの状況によるわけです。

 

個人再生という方法では、住宅を残せる場合があります。

 

ですが、そもそも「個人再生」という方法を知らなかったり、住宅を残せる条件ではなかったりと、あなたの状況によっては変わってきます。

 

 

弁護士の提案が不安な時は、気軽に検討すると言ってもOKなんです!

 

弁護士が言うことは、絶対やらなくてはいけないことではありません。

納得して初めて、依頼をするものです。

そこには、あなたの確かな意思が必要です。

 

でも、僕自身は、ベストなアドバイスをしているのは事実ですが、人間ですから馬が合う、合わないもあると思います。

 

依頼が不安な時は、別の弁護士に相談してもOK

・任せるのが不安な時

・提案されたことが納得できない時

・もっと、自分で調べたい時

 

いろんな心情で、今日の今日依頼は…と思う時は「考えさせてください」で、大丈夫ですよ。

 

それで、別の弁護士の相談を参考にしてみることも大事なことです。

 

僕の事務所にも、他の事務所で「自己破産と言われたんですが…」と相談にいらっしゃって、僕が話を聞いてみたら…

 

自己破産までしなくても、個人再生で十分!住宅も残せますよ!と提案したこともあります。

 

依頼を決めるのは、あなたです。

 

弁護士 鬼頭
話を持ち帰って、セカンドオピニオンとして別の弁護士に相談してみることも大切ですし、僕の事務所をセカンドオピニオンにして頂いてもいいんですよ。
あなたが納得した道に進むことが1番です。

 

 

 

【まとめ】弁護士に相談すると決めたら、ちゃんと行動しよう!

 

債権者からの取り立てには、

「今、弁護士に相談することを考えています」

この言葉で十分です。

 

あなたの方向性を伝えておけば、再三の取り立ては、一時的に止む場合もあるでしょう。

 

その後に、ちゃんと弁護士に相談し、その債権者に告知通り、受任通知が届けばよいわけです。

 

あとは、どんな方法で、あなたの借金の問題を解決するのかは…弁護士の力量で変わります。

 

弁護士 鬼頭
弁護士選びは、あなたの納得で決めてくださいね!

<債務整理をお考えの方へ>

債務整理とは何のこと?わかりやすく図解を使って説明します!
【債務整理】弁護士と司法書士の違いや費用について
債務整理|弁護士の選び方「3つの失敗しない重要ポイント」
弁護士費用の比較|債務整理の費用の相場はどのくらい?
債務整理の相談時に必要なものは?弁護士が1番教えて欲しいこととは…
債務整理のおすすめの手続きは?自分に合う方法の選び方
自己破産・個人再生|弁護士に相談前の事前準備・知識について

 

<債務整理の注意点>

借金バレたくない!家族に言えないから無理な任意整理を選択してしまう
任意整理ができない4つのパターンと難しい3つのケース
個人再生が選択できないケースとは?意外な4つの落とし穴
自己破産ができない理由と条件があるので知っておいてください
借金(ローン)返済途中に債務整理すると契約や商品はどうなる?

借金・多重債務問題の解決方法は二択です。

①収入を増やして返済する
②借金の返済額を変える

借金の返済額を変えるとは

 


【ご予約について】


※名古屋にある当事務所までお越し頂けない場合は、お近くの法律事務所をお探しくださいますようお願い申し上げます。

友だち追加

▲  ▲  ▲

友だち追加をして、メッセージを送ってください。


★メールでご予約される場合はこちら

メールから予約する


★お電話でご予約される場合はこちら

052-962-5600

・こんな内容を聞いてもらえるのかな?
・今日空いてるなら行きたい!
・ちょっと不安なことが聞きたいなど

お気軽にお電話ください!

お待ちしております。

最新情報をチェックしよう!
>弁護士はあなたの味方です。

弁護士はあなたの味方です。

あなたは「返済のために」お金を借りようとしていませんか?今月は借りて返済できても、そのうち借りる場所もなくなってしまいます。その支払いを一旦止めることで、心のゆとりも戻り、解決に向けて進んでいくことができます。

CTR IMG
お問合せはお気軽にこちらから→→→
メール又はLINEでどうぞ!