自己破産で大切なことは「自由財産の拡張」を忘れないこと

自己破産という手続きは

プラスの財産とマイナスの財産を両方ゼロにする手続きです。

 

弁護士 鬼頭
でも、安心してください!
何もかもが無くなるわけではありません。

 

こんにちは、アーク法律事務所、弁護士の鬼頭です。
自己破産では、プラスの財産をお金に換えるという処分をされることになります。

 

ですが、その処分は、何もかも全てではありません。

 

確かに、お金を貸した側にしてみれば、破産されて、1円も返ってこないのでは困ります。

 

でも、破産する側も、生活ができないまでに処分されては困るわけです。

 

法律は、ちゃんとこの両者を考えています。

 

今日は、3つのことについてお話します。
  • 処分されてしまうもの
  • 処分されないもの
  • 主張のできるもの
自己破産を検討中、手続きを決めたのなら、知っていないと大変なことになります。

 

 

自己破産で処分されてしまうものとは…

 

冒頭で話した通り、自己破産では、プラスの財産もゼロにすることになります。

 

借金の帳消しだけができるという都合のよいものではありません。

 

まず、処分されることになる流れを説明します。

 

 

ローン支払い中のものは、残せない可能性が高い

 

今は、いろんなものが簡単にクレジット決済できてしまう世の中です。

 

大変便利になったものです。

 

金利負担がゼロであるのなら、分割購入した方が、家計には優しい感じがしますよね。

 

ですが、自己破産するとなった時…

 

この軍配は、債権者が握ることになります。

 

これは、所有権留保といって、所有権が債権者にあることに関係がします。

 

簡単に言えば、払えないのなら返してね!と返還を求められるのです。

 

これを覚えておいてください。

 

所有権留保について、詳しくは⇩

借金(ローン)返済途中に債務整理すると契約や商品はどうなる?

 

 

高額な財産・20万円以上の価値のあるものは残せない

 

自己破産では、プラスの財産をお金に換えて処分し、債権者に分配することになっています。

 

支払えないのなら、持っている財産をお金に換えてください。

ということです。

 

これは、ローンがあるないに関わりません。

 

例えば、住宅や車があるのなら、売って債権者に分配する必要があります。

 

ローンがあるのなら、没収です。

 

その他、貴金属類や学資保険・生命保険などの解約返戻金も該当します。

 

せっかく貯めてきたのにと思うかもしれませんが、借金が支払えないとなったのなら、処分を言い渡されても仕方がないという解釈になってしまいます。

 

 

自己破産で処分されることのないもの

 

一方、自己破産では、何もかも処分というわけではありません。

 

プラスの財産であっても、破産者が生活に困るものまでをお金に換えて処分しなさい!とは、裁判所は言いません。

 

これは、処分してはいけないと決まったものもちゃんとあります。

 

 

生活必需品である家具家電は処分されない

 

生活必需品の家具家電は、処分されることはありません。

 

破産者が生活していくための家具や家電、衣服などを処分することは禁止されています。

 

ただし、複数所持しているものや高価な家具である場合は、処分されることもあります。

 

ローンがない一般的な家具家電であれば、生活に欠かせないものであるので、処分の対象とはなりませんので、安心してくださいね。

 

 

過去の財産を使い切ってしまっていても大丈夫

 

自己破産では、過去の財産の状況も聞かれます。

 

ですが、過去にもらった慰謝料などを今も大事に持っていることは少ないと思います。

 

その事実に嘘を書くことはいけません。

 

もう、使ってしまって持っていないという事実が大切です。

 

弁護士や裁判所から使ってしまったことを咎められることはありません。

 

ですが、破産手続き間際や手続き中のお金の動きに関しては要注意です。

 

詳しくは、弁護士にお尋ねください。

 

では、いよいよ本題です。

 

 

 

自己破産で処分されないように主張できるもの

 

ここまで、処分されてしまうものと、処分されないものという2つの話をしました。

 

次の話では、守りたい財産をどのように考えるべきかという話です。

 

ですが、ここで財産と言っても、対象として考えられるものは、20万円以下のものに限ります。

 

 

資産価値20万円以下のローンのないものは、自由財産の拡張ができる

 

購入した時の金額と売却した時の金額は、同じではありません。

 

場合によっては、価値の上がるものもありますが、基本的に消耗していったり、劣化が進むことで価値がなくなるものがほとんどです。

 

よって、査定額が20万円以下のものもたくさんあると思います。

 

ここには、生活必需品に該当しない自由財産以外のものを考えます。

 

例えば、かけ始めたばかりの保険であれば、解約返戻金は、20万円以下になることはよくある話です。

 

その他、仕事で使う道具の査定価格が20万円以下である場合は、残すことが可能です。

 

このように、査定額を見ていったら、自由財産として主張したいものが出てくると思います。

 

破産手続きでは、こういった処分されたくないものを主張する権利があります。

 

次にその際の注意点です。

 

 

自由財産の拡張は、99万円以下にしなければならない

 

自由財産の拡張として、申立てることは可能です。

 

ですが、その拡張には、限度額があります。

 

それが、

合計99万円以下であることです。

 

財産を99万円以下に絞るポイント

合わせて、99万円以下なので、優先順位の高いものから絞り込んでいかなくてはなりません。

 

あれもこれも大切なものであるとは思います。

 

まずは、生計維持に関わってくるものから選んでいきましょう。

 

決まった金額がある以上、すべて必要だよね!とは制度上、残念ながらできません。

 

 

 

【まとめ】自己破産は失いたくない財産を軸に考えよう

 

最後にまとめます。

 

例えば、処分されることになるものを除いて、残したいものが無い場合は、破産手続きで問題になることはありません。

 

もしも、自由財産の拡張を求めず、忘れていたとすると…

 

これは、処分の対象となります。

 

あとで、どんなに説明をしても聞いてもらえません。

 

弁護士 鬼頭
財産目録と照らし合わせて、チェックし忘れていないかを確認することを忘れないでください。

借金・多重債務問題の解決方法は二択です。

①収入を増やして返済する
②借金の返済額を変える

借金の返済額を変えるとは

 


【ご予約について】


※名古屋にある当事務所までお越し頂けない場合は、お近くの法律事務所をお探しくださいますようお願い申し上げます。

友だち追加

▲  ▲  ▲

友だち追加をして、メッセージを送ってください。


★メールでご予約される場合はこちら

メールから予約する


★お電話でご予約される場合はこちら

052-962-5600

・こんな内容を聞いてもらえるのかな?
・今日空いてるなら行きたい!
・ちょっと不安なことが聞きたいなど

お気軽にお電話ください!

お待ちしております。

最新情報をチェックしよう!
>弁護士はあなたの味方です。

弁護士はあなたの味方です。

あなたは「返済のために」お金を借りようとしていませんか?今月は借りて返済できても、そのうち借りる場所もなくなってしまいます。その支払いを一旦止めることで、心のゆとりも戻り、解決に向けて進んでいくことができます。

CTR IMG
お問合せはお気軽にこちらから→→→
メール又はLINEでどうぞ!