任意整理は減額されない?誤解されがちなポイント解説

なぜか、ネットを見ている…

借金に困ったら任意整理をすればいい

というアドバイスを多々見かけます。

 

確かに任意整理は、債務整理の中でも簡単なお手続きではあります。

 

しかし、間違った情報が出回り、本当に債務整理が必要な方の情報収集にはなりません。

 

任意整理でできることは

将来利息をカットすることです。

 

よって、「大幅に減額できる」という情報は誤りです。

月々の返済額が下がることで、大幅に減額できたという認識を持つことはあると思いますが、厳密には、元本は変わらず、利息額が変動することによって得られる効果です。

任意整理の効果とは

 

任意整理の効果は、

将来利息をカットすることです。

 

どういう意味かというと

 

100万円を年利18%で借りている場合

36回払いのケース

任意整理前任意整理後
総支払額1,301,468円1,000,000円
利息額301,468円0円
月々の返済額36,152円16,700円

 

任意整理をしても、元本の100万円は変わりません。

任意整理の効果によって利息額は0円になります。

返済期間は、36回から60回に回数が延び、月々の返済額は半額以下にまで下げることができます。

 

弁護士 鬼頭
これが任意整理の効果です。
しかし、誤解されがちなポイントがたくさん隠れているので解説していきます。

 

任意整理が減額されないと言われる理由

 

任意整理でできることは、将来利息をカットすることです。

元本が減ることはないので、減額という表現は誤りになります。

 

そして、任意整理では、以下の点に注意が必要です。

 

■借入から期間が短い
■一度も返済していない
弁護士 鬼頭
よくあるご相談ですが、任意整理を検討する場合、借入期間が短い(返済実績が少ない)または一度も返済していない借金だと、債権者も和解交渉に応じてくれないケースが出てきます。

 

 

■任意整理をしたら毎月の返済額が高くなった

 

弁護士 鬼頭
任意整理をすると最大で5年の分割交渉をすることになります。しかし、借りている借金の金額によっては、元金を60回払いにすることで、分割した額が以前よりも高くなるケースがあります。この場合は、任意整理をすることで「借金総額が減る」という表現が妥当でしょう。

 

 

■どんな借金も任意整理できるものだと思った

 

弁護士 鬼頭
実は、弁護士が介入しても、任意整理には絶対応じないという方針の金融会社も存在します。

 

このような理由により、任意整理は減額されないという話が飛び交うのだと思います。

次に、任意整理の注意点をお話します。

 

任意整理の注意点

 

任意整理は、弁護士や司法書士に依頼するだけで、和解交渉してもらえる簡単な手続きですが、そこにもこんな注意点があります。

1.任意整理をしたら前よりも生活が苦しくなった

任意整理をしたのに毎月の返済額が下がるわけでもなく、苦しくなるという声が聞こえてくるにはこんな理由があります。

 

  1. 任意整理をしたことで支払額が増えた
  2. 依頼費用が高額なケース 

 

①の支払額が増えるのは、上述した通り、分割回数の影響で、これまでの返済額よりも増えることが稀にあります。

 

問題は、②の依頼費用が高額なケースです。

弁護士や司法書士など、任意整理の費用は各々違います。

 

任意整理の和解交渉までは、平均で2~3ヶ月です。

その間に依頼費用が支払えない場合、

依頼費用+弁済額

両方を支払うことになり、以前よりも支出が増えて、生活が苦しくなるケースがあります。

 

依頼するのは簡単ですが、その費用と弁済期、弁済額の工面までできるのかを見極めることが重要です。

 

2.和解交渉に条件が付く

最近、任意整理の和解交渉に条件を付ける債権者が増えてきました。

条件を付けてくる債権者を熟知しているのは、債務整理の取扱い経験が豊富な弁護士です。

 

  • 和解には頭金が必要
  • 和解には利息が必要
  • 和解には期間の短縮が必要

 

いずれかの条件を付けてくる債権者が増えています。

 

つまり、借金で生活が回らないと相談しようと思っているのなら、頭金を捻出することは厳しいことが予測できます。

また、利息を求められる場合、最大で法定利息までを求めるので、任意整理をする意味がなくなります。

そして、頭金や利息を付ける代わりに期間を延ばしてもらえるケースもありますが、好条件とは言えません。

さらに、和解に応じてもいいが、短期間で返済という条件を付けられてしまうと、仮に利息を全額カットできたとしても、毎月の返済額が高額になって捻出が難しいとなるケースも出てくると思います。

 

よって、任意整理をするには、慎重に検討することが必要です。

債務整理の経験豊富な弁護士に相談した上で、あなたにとって本当に任意整理が相応しい手続きであるのか、助言をもらうべきです。

 

弁護士 鬼頭
アーク法律事務所では、任意整理のご希望であっても、上記の条件等をお話して、どのような対処を選択すべきかを一緒に考えさせていただいております。

 

 

あなたに必要な債務整理のご提案をします

 

債務整理は、必ず、あなたに合った方針があります。

任意整理という言葉が浸透するようになったので、「任意整理でお願いします」とお越しになられるご相談者様も増えました。

 

しかし、必ずしも、お話を伺っていると、任意整理が妥当な手続きであるとは言えないケースも多々ございます。

 

アーク法律事務所では、ご相談者様の未来を考えたご提案をすること、ご依頼には迅速に動くことをモットーにしております。

セカンドオピニオンも大歓迎で面談相談を受け付けております。

ご相談料は不要です。納得いくまでご相談ください。

 

また、債務整理には、個人再生と自己破産という手続きが他にあります。

 

自己破産というと、心情的に無理だという意識も働きやすいものですが、あまり浸透していない「個人再生」という手続きをご案内すると、喜ばれることも多いです。

 

最後に個人再生手続きについて簡単にお話します。

 

個人再生手続きは、

借金総額を大幅に圧縮する効果がある手続きです。

 

安定した収入がある人なら誰でも手続き可能です。

 

また、住宅ローンがある場合、住宅資金特別条項の要件を満たしており、従前通り住宅ローンを支払えるのであれば、手放さずに済みます。

 

何よりもメリットなのが、実際に財産を処分することがないということです。

 

詳しくは関連ページをご覧ください。

 

<成功事例>

個人再生の成功事例|借金大幅ダウンで財産も守れる優れた手続き

 

<個人再生をお考えの方へ>

ブラックリスト(信用情報機関)事故情報の登録期間はどのくらい?
個人再生とは?メリットとデメリットやリスクはどれだけある?
個人再生手続きの流れ・期間・費用とは?名古屋の法律事務所の場合
個人再生と住宅ローン「住宅資金特別条項」とはどういうものなのか?
個人再生「車」は処分?3つの残せる条件を紹介!
個人再生「最低弁済額」とは?あなたが支払う返済はどうなる?
個人再生を名古屋で安く手続きしたい場合はアーク法律事務所へ

 

 

 

借金・多重債務問題の解決方法は二択です。

①収入を増やして返済する
②借金の返済額を変える

借金の返済額を変えるとは

 


【ご予約について】


※名古屋にある当事務所までお越し頂けない場合は、お近くの法律事務所をお探しくださいますようお願い申し上げます。

友だち追加

▲  ▲  ▲

友だち追加をして、メッセージを送ってください。


★メールでご予約される場合はこちら

メールから予約する


★お電話でご予約される場合はこちら

052-962-5600

・こんな内容を聞いてもらえるのかな?
・今日空いてるなら行きたい!
・ちょっと不安なことが聞きたいなど

お気軽にお電話ください!

お待ちしております。

最新情報をチェックしよう!
>セカンドオピニオンのご案内

セカンドオピニオンのご案内

セカンドオピニオンとは、よりよい決断をするために、もう1つの意見を別の専門家に求めることができることです。他の法律事務所で受けた提案に対する不安や疑問などを一緒に解決しませんか?

CTR IMG
お問合せはお気軽にこちらから→→→
メール又はLINEでどうぞ!