相続人の確認

遺言がないときや、遺言が不備により無効であるときには、民法により相続人の順位と範囲が決められています。

法定相続人の範囲

法定相続分人の順位と相続
該当者がいない場合に後順位に移ります。

順位 遺留分 相続分
第1順位 配偶者
①子(孫)
1/2
1/2
第2順位 配偶者
②直系尊属
2/3
1/3
第3順位 配偶者
③兄弟姉妹(甥・姪)
3/4
1/4

※配偶者がいない場合
[1]子(孫)[2]直系尊属[3]兄弟姉妹(甥・姪)の優先順で100%の割合を相続します。

第1順位:配偶者と子(非嫡出子・胎児・養子を含む)が相続する場合

■子が複数いる場合
1/2の相続分を人数で分割します。

■子が死亡しており、孫がいる場合
子の相続分を孫が受け継ぎます。(代襲相続)
※孫も死亡している場合、曾孫→玄孫…と相続分が受け継がれます。(再代襲相続)

■配偶者が死亡している場合
子(孫)が全てを相続します。

代襲相続

被相続人の死亡前に、相続人が死亡している場合、廃除や欠格で相続人でなくなった場合に、子が代わって相続することを言います。同様に子が死亡等しているときは、孫が代わり、このように孫、曾孫、玄孫…と代襲することを再代襲相続と言います。

相続廃除
生前に被相続人に対する虐待や重大な侮辱、著しい非行があり、家庭裁判所が申立てを認め、調停が成立(審判が確定)した場合、相続人の相続権は喪失します。
相続欠格
被相続人の意思による相続廃除とは異なり、以下の一定の事由がある場合に相続権を自動的に喪失します。
  • 故意に被相続人または先順位もしくは同順位の相続人を殺害、または殺害しようとしたために刑に処せられた者
  • 被相続人が殺害されたことを知りながら、それを告訴・告発しなかった者
  • 詐欺または脅迫によって、被相続人が遺言をし、取消・変更することを妨げた者
  • 詐欺または脅迫によって、被相続人に遺言させたり、取消・変更をさせた者
  • 被相続人の遺言を偽造、変造、破棄、隠匿した者
非嫡出子

嫡出子とは、法律上の婚姻関係にある男女の間に生まれた子供を言い、非嫡出子とは、法律上の婚姻関係にない男女の間に生まれた子供を言います。非嫡出子は、父または母が認知することができ、認知されていれば相続権が発生しますが、その法定相続分は嫡出子の半分となります。

胎児

胎児は既に生まれたものとしてみなされますので、相続権がありますが、後に胎児が死体で生まれたときは、もともと相続権がないものとして扱われます。

養子

特別養子縁組の場合、実親と養子に出した子の親子関係は終了し、法律上の繋がりは無くなりますので、互いに相続人になることはありません。(特別養子縁組にて親子になった者同士が相続人になります。)
普通養子縁組の場合には、養親と養子の間に新たに親子関係が発生しますが、これにより実親との親子関係が終了するわけではありません。従って「養親と養子」「実親と養子に出した子」は、いずれも互いに相続人になり、その法定相続分は実親と実子の場合と同様です。

内縁(事実婚)

夫婦としての実態はあるが婚姻届がなされていない内縁関係の配偶者は、法律上の夫婦と違い、互いが相続人となりません。ただし、相続人が誰もいないときには、特別縁故者への財産分与として被相続人の遺産の一部又は全部を取得することが出来る場合があります。
なお、社会保障の意味合いをもつ遺族給付関係(労災における遺族補償、厚生年金保険における遺族年金など)では、法律上の配偶者とほぼ同等の保護を受けることが出来ます。


第2順位:配偶者と直系尊属が相続する場合(子や孫がいない場合)

■父母共に健在の場合
各々が1/6ずつ相続します。

■配偶者が死亡している場合
父母が全てを相続します。

第3順位:配偶者と兄弟姉妹が相続する場合(子や孫、直系尊属がいない場合)

■兄弟姉妹が複数いる場合
1/4の相続分を人数で分割します。

■兄弟姉妹が死亡しており甥・姪がいる場合
兄弟姉妹の相続分を甥・姪が受け継ぎます。
※孫の場合と違い、甥・姪の子が繰り返し相続分を受け継ぐことは出来ません。

■配偶者が死亡している場合
兄弟姉妹(甥・姪)が全てを相続します。

第3順位:配偶者と兄弟姉妹が相続する場合(子や孫、直系尊属がいない場合)

■兄弟姉妹が複数いる場合
1/4の相続分を人数で分割します。

■兄弟姉妹が死亡しており甥・姪がいる場合
兄弟姉妹の相続分を甥・姪が受け継ぎます。
※孫の場合と違い、甥・姪の子が繰り返し相続分を受け継ぐことは出来ません。

■配偶者が死亡している場合
兄弟姉妹(甥・姪)が全てを相続します。

異父兄弟・異母兄弟

兄弟姉妹には、父母双方を同じくする全血兄弟姉妹と、父母の一方のみを同じくする半血兄弟姉妹とがありますが、いずれの兄弟姉妹も第3順位の相続人となります。
全血兄弟姉妹の法定相続分1/4に対し、半血兄弟姉妹はその半分となります。


pagetop